元水戸ホーリーホックの橋本晃司選手の魅力

突然すいません、水戸サポーターです。
水戸サポ以外は、唐突に王子と言われても何の事やら、分からないですよね?しかし、自分を含め水戸サポにとって、大変嬉しいニュースが17日に発表されました。
橋本晃司選手が、5年振りに水戸に帰ってきました!

橋本晃司選手は石川県出身の30歳。
星陵高校では、本田圭佑選手(ACミラン)明治大学では、長友佑都選手(インテル)とチームメイトとして、凌ぎを削り、名古屋グランパスに入団しました。
名古屋でも期待されましたが、在籍の5年間(特別指定含む)で、リーグ戦出場5試合に留まり退団し、2012年に水戸ホーリーホックに移籍しました。

水戸でレギュラーに定着し、12年は38試合6得点、13年は39試合12得点と大活躍をして、翌年、大宮アルディージャに移籍しました。
水戸での2年間、大活躍でしたが、加入当初はチーム及び柱谷監督(当時)の評価も低く、橋本晃司選手に対する視線も厳しいものでした。

原因は、橋本晃司選手のサッカーへの取り組み方の甘さがありました。
守備では、味方を助ける動きをしない、攻撃ではパスを味方に出したら終わりでは、味方の信頼を得ません。

橋本晃司選手にとって幸運だったのは、厳しい評価をしながら試合に使い続けた柱谷監督、橋本晃司選手に背中で、お手本を示し続けた鈴木隆行選手(現解説者)が居たことです。
徐々に、守備では味方を助けるプレスも増え、攻撃でも味方の為にスペースを作る動き、パスを出し終えても、ゴール前に走り込む動きも増えて、次第にチームメイト、監督の信頼を得ていきました。
信頼を得るとパフォーマンスも向上し、水戸2年目からは不動の10番となりました。

だからこそ、大宮移籍のニュースを聞いた時は、多くの水戸サポはショックを受けました(私もその1人)
サポーター同士の話でも、橋本晃司選手の名前が出る会話も多かったです。
それだけ、水戸で才能が開花した選手だと、サポーターも認識しています。

なので、橋本晃司選手が水戸に帰って来た事が、嬉しくて仕方がありません。
あ、因みに王子は、サポーターが橋本晃司選手に付けた愛称です(汚れ仕事をしないという皮肉!)

ただでさえ、開幕直前で楽しみな時期に、橋本晃司選手が加入したので、さらに楽しみが増えました。
今回も、最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

ユベントス所属、アルゼンチン代表FWのパウロ・ディバラ選手

ユベントス所属のアルゼンチン代表のパウロ・ディバラ選手は、今や世界でもトップクラスのフォワード(FW)です。
利き足が左であることやプレースタイル、身長から、「メッシ2世」とも呼ばれています。

また、パウロ・ディバラ選手は非常にかっこいいことから女性ファンも多く、イタリアで一番人気のあるユベントスにおいても絶大な人気を誇っており、今や彼なしにはユベントスは語れないほどのチームになっています。

背番号は現在21番ですが、ユベントスの21番は偉大な選手がつけていたことが多く、代表例としては元フランス代表のジダンや、元イタリア代表のピルロが挙げられます。

しかし、パウロ・ディバラ選手が一番似合っている背番号は10番ですので、早くその姿を見たいと思っていますし、実際遠くない将来、もしかしたら来シーズン、10番を披露することになるかもしれません。

プレースタイルは、自ら点を取ることができるほか、フリーキックやコーナーキックといったセットプレーでのキッカーも担当しており、打開から組み立てまで何でもできます。

現在、パウロ・ディバラ選手は、FWよりも少し下がり目で右寄りのポジションにいますが、流動的に動いて常に相手ゴールを脅かします。

メッシへの憧れからバルセロナに行きたいと過去に発言していましたが、ユベントスのアイコンになってほしいと思っています。

小野伸二選手、コンサドーレ札幌フのァンタジスタ

わたしの大好きなサッカー選手は小野伸二選手です。
なぜ好きかというと彼は素晴らしいプレーをします。
華麗なプレー魅せるプレーをピッチの上で見せてくれます。
天才です。

こんなプレーをする選手見たことないです。
小野伸二選手がボールをもっただけで何をしてくれるんだろうとワクワクさせてくれます。
泥臭いプレーはあまりしないんで完全なミッドフィールダータイプですね。
足も早くありませんし走るタイプではありません。

積極性はあまりあるタイプではないのですが、トラップやパスの精度などのボールタッチが世界的に見てもトップクラスだと思います。
海外の選手も彼は天才だと言っています。

オランダのファンペルシーはオランダ代表で小野伸二選手よりうまい選手はいないと言っています。
他の選手もセードルフより小野伸二選手を見た時の方が衝撃をうけたなど世界のトッププレイヤー達が言っています。

元日本代表のラモス瑠偉も今の日本代表に第2の小野伸二選手はいない、怪我をしていなかったらバケモノみたいな選手になっていたよ、輝いている時間は短かったけどと言っています。

小野伸二選手はシドニーオリンピックの予選フィリピン戦で後ろからタックルをうけて大きな怪我をしてしまい、怪我に悩まされる選手生活をおくることになる不運な選手ですが、彼のスルーパスはとても魅了してくれます。
ファンタジスタにふさわしい選手だと思います。

サッカードイツ代表、パリ・サンジェルマンのユリアン・ドラクスラー

今サッカー界で最もホットな選手として挙げられるのが、フランスのリーグ・アン、パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表の若きエース、ユリアン・ドラクスラー(23歳)です。
ヴォルフスブルクからパリ・サンジェルマンへの移籍は3600万ユーロ(約44億円)とも言われ大きな注目を集めました。

かつて所属したブンデスリーガのシャルケ04ではチームメイトだった元日本代表DFの内田篤人とも仲が良く、内田からユリアン・ドラクスラーに送られたハートマークやサッカーボールのイラストが書かれた手紙(メモ)が可愛すぎると話題になったこともありました。

長い手足で187cmと長身ながらボールコントロールが上手く、巧みなステップとスピードで相手を翻弄する変幻自在な動き、正確なパスに優れた得点感覚。
まさに才能溢れる若き天才で「ドイツの至宝」とも言われています。

パリ・サンジェルマン移籍後のリーグ・アンデビュー戦ではいきなり初得点、その後もゴールやアシスト、守備と随所で良いプレーを見せすぐにチームにもフィットし、先日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦(2016-17シーズン)ホームでの試合で、4-0と圧勝した対バルセロナ戦でも先制点となったディ・マリアのFKのチャンスを得た他、自らも2点目となるゴールを決めるなど勝利の立役者の一人として大活躍しました。

パリ・サンジェルマンというヨーロッパ屈指のビッククラブへの移籍はユリアン・ドラクスラー自身も大満足の様子で、ユリアン・ドラクスラーの公式インスタグラムではチームメイトと一緒に写した写真や、ロッカールームの様子、観光写真のようなエッフェル塔の前で撮影した写真もアップしパリでの生活を楽しんでいるようです。

他にも内田篤人との仲良しショットや、「キャプテン翼」のワンシーンと同じような構図の自身のシュートシーンを並べた画像をアップしたりと茶目っ気たっぷりで、試合とは違う可愛らしい一面も見られます。

パリ・サンジェルマンのみならずドイツ代表でもエースとしての活躍が期待され、ゆくゆくはメッシやネイマール、クリスティアーノ・ロナウドと並ぶビッグな選手になる可能性は十分にあります。
ユリアン・ドラクスラーの今後のさらなる活躍を楽しみに見守りたいです。

コンサドーレ、都倉賢選手はファンとの繋がりを大切にしている!

今シーズンからJ1に復帰を果たしたコンサドーレ札幌の、私は大ファンです。
なぜなら、札幌に在住ですので・・・昨シーズンのJ2での試合も数多く足を運び観戦しました。

そんな大ファンのコンサドーレ札幌でも、特に注目している選手がFWの都倉賢選手です。
1トップ、2トップなどのポジションで出場することが多く、得点に絡むことも得点を稼ぐことも多い選手です。

都倉賢選手は187cmと身長も高く、攻守にわたりとてもよく走る選手ですのでよく視界に入ります。
活躍しているから注目しているのかというと、そういうわけでもありません。

もちろん、試合中によく目にするので意識して見てはいましたが、都倉賢選手はファンのことを大切に思っているなと感じます。
実際に都倉賢選手にサインを頂いたことがあります。

他の選手にも頂いたのですが、対応が明らかに違いました。
やわらかい素材のものにサインを頂いていたのですが、他の選手達は、もちろん私以外のファンのかたにもサインをたくさん書きますので、ちゃちゃっと書いて去っていってしまいますが、都倉賢選手は、サインがしっかりとかけるようにやわらかい素材を自分でひっぱってピンと張り、まわりのサインとのバランスも見て書いていただきました。

明らかに、まず周りのサインを見てから大きさなどを調整してくれていました。
ペンを私に返す際にも、「また来てください」と一言があり、とても感動しました。
そんな選手だからこそ応援する人も多いし、だからこそまた都倉賢選手もがんばれるのかなとも感じます。

ドイツ代表ユベントス所属MF、サミ・ケディラ選手

今回はユベントス所属のサミ・ケディラ選手について紹介します。
サミ・ケディラ選手は、現在のユベントスに移籍してくる前は、銀河系軍団として知られるスペインのレアル・マドリードに所属していました。
当時はドイツ人がスペインのクラブに所属することは珍しかったのですが、W杯での活躍が認められ、移籍しました。

当初は主力として活躍していましたが、サミ・ケディラ選手はとにかく怪我が多く、ひざに問題を抱えており、いつの間にか出番が激減してしまいました。
そして契約満了とともにイタリア王者のユベントスに移籍してきました。

移籍当初は、怪我の多い選手をとって意味があるのかと批判されており、期待できないと思われていましたが、その予想を見事に裏切り、大活躍を見せます。
移籍1年目には、小さな怪我を何回かしてしまい、戦線を離脱することもありましたが、2年目のシーズンは怪我も少なく、全盛期の頃のプレーの質を取戻し、主力として活躍しました。

サミ・ケディラ選手の特徴は守備力の高さと攻撃力の高さを両方備えた万能性にあります。
スピードが若干弱点といえます。

2016-2017年シーズンの欧州最強を決めるUEFAチャンピオンズリーグでは、2年ぶりに決勝に進出しましたが、相手は古巣のレアル・マドリード。
自分を捨てたクラブへのリベンジなるか、今からサミ・ケディラ選手が楽しみです。

サッカーブンデスリーグ、ドルトムント、香川真司選手

私の紹介するスポーツ選手は、サッカー ドイツブンデスリーグ「ドルトムント」に所属する香川真司選手です。
日本代表の背番号10を担う選手です。とにかくテクニックがあります。
ポジションはフォワードまたはミッドフィルダーです。
攻撃的な選手です。

これまでの香川真司選手のキャリアはJリーグのセレッソ大阪からキャリアをスタートします。
セレッソではJ2リーグでの経験もあります。
このJ2時代では香川真司選手の得点力が爆発しました。

元々中盤のボランチでプレイしていた選手ですが、当時セレッソの監督であったレヴィー・クルピにより、攻撃的なポジションにコンバートされ、その才能を開花させました。

その後、ドイツブンデスリーガのドルトムントへ移籍し、移籍直後からスタメンとして活躍しました。
ドルトムント移籍加入後の二年連続優勝という快挙を達成しました。

この時ドルトムントのピークの時代にレギュラーメンバーとして大活躍しました。
この時、香川真司選手はトップ下のポジションとして得点も重ね、ワールドクラスのプレイを連発しました。

その後プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドに移籍しましたが、期待する以上の活躍をすることはできませんでした。
私的にはこのマンチェスター移籍から歯車が狂ったと感じています。