寺本明日香選手、東京オリンピックに向けて飛躍

女子「器械体操」のレジックスポーツ・中京大学の寺本明日香選手。
寺本明日香選手は、ロンドンオリンピック、リオオリンピック代表、世界選手権にも2011年から連続出場しています。
日本女子体操界のエースです。

跳馬を得意としていてD難度の高いチュソビチナという技をしますが、回転の速さも綺麗さもズバ抜けています。

寺本明日香選手は身長が142cmと小柄ですが、ダイナミックのキレのある演技と表現力。
難度の高い技を次々と決めてくれます。

何よりこれらを安定して演技が出来るところが寺本明日香選手の持ち味です。

16歳で2011年の日本で行われた世界選手権では、直前で怪我をした選手の代わりに急遽出ることになっても、怯まず堂々とした演技を見せてくれました。
あの度胸の良さはどこから来るのだろう!と驚くほど貫禄もあり、ミスもなく素晴らしい跳躍を見せてくれました。

そこからは寺本明日香選手はずっと大活躍で、日本の女子体操を引っ張っていってくれる正に、エースと言える存在です。

リオオリンピックでは堂々の個人総合8位入賞!の快挙を成し遂げました。

段違い平行棒でも演技中に手の皮がベロっと剥けて、相当な痛みなハズなのにそんなことを微々たりとも感じさせない、いつも通りの大技をきめてくれました。

寺本明日香選手は、東京オリンピックに向けてさらなる飛躍が期待されています。

杉原愛子選手は器械体操女子の時期エース?

器械体操というと、男子の内村航平選手を思い浮かべる人も多いと思います。
実際に金メダルも団体と個人でとっていますもんね。

世界王者と言われるくらい、本当にすごいです。
個人総合6種目でしっかり戦える内村選手は神と呼ばれるのも分かります。

その反面、女子はまだオリンピックではメダル獲得がありません。
しかしリオオリンピックでは女子器械体操も団体4位まできました!
これはすごいことです。

今は寺本明日香選手がエースですが4年後の東京オリンピックではリオでもノーミスで活躍した杉原愛子選手が注目です。
杉原愛子選手の安定感のあるキレのある演技、技もどんどん高難度になってきています。

平均台では足持ち2回ターンなどの大技を成功させていたりして、見てる方も安心できる抜群の瞬発力や表現力に魅了されます。

杉原愛子選手は笑顔も可愛くて、ポーズをとったときに出る品の良さなんかも彼女の魅力です。
跳馬でもユルチェンコ2回捻りに挑戦しているのを見て、東京オリンピックのエースに相応しいと思いました。

杉原愛子選手が代表になれるかは分かりませんが、それだけの風格と実績もあり今後の活躍に期待しています。
もしかすると1964年のオリンピック以来のメダル獲得になるのではないかと思っています。

スペシャリストからオールラウンダーへ白井健三選手の進化。

体操のNHK杯が行われ、内村航平選手が9連覇を達成、白井健三選手は2位となり、10月に行われる世界選手権で個人総合の代表に選出されました。
最終種目まで内村選手を抑え1位でしたが、内村選手が鉄棒で逆転、まだまだ内村選手の壁は大きいようです。

ただ、今回の2位は大きな収穫となったのではないでしょうか。
リオ五輪の個人種目では、跳馬で銅メダルを獲得、床で4位と入賞しました。
団体でも床と跳馬に出場し、日本の金メダルへ貢献したものの、すべての種目への出場はかないませんでした。

リオ五輪後のインタービューで、白井選手は東京五輪では自分が個人総合に出場しなければいけないという目標を掲げていました。
東京五輪に向け、オールラウンダーへ変化を遂げる第一歩となったと思います。

内村選手は世界選手権7連覇が掛かっています。
もちろん、内村選手に7連覇を達成してほしいとは思いますが、内村選手の7連覇を阻むのは、白井選手であってほしい。 

白井健三選手にはリオ五輪の日本代表として内村選手のそばで学んだことを生かし、内村越えする必要があるのではないでしょうか。
そして、そうなることが内村選手にとってもうれしいことになるのだと思います。

白井選手には勢いがあります。
世界選手権での活躍を期待しています。

内村航平選手の背中を追い越しそうだった白井選手。

体操、日本男子で絶対王者というと内村航平選手です。
その背中を追い続け、あと一歩で追い越しそうだったのが、まだ大学3年生の白井健三選手でした。
全日本選手権、NHK杯ともにわずかな点数差で2位という成績でした。

白井健三選手の持ち味は何といってもあのひねり技。
同じゆか種目でも、彼だけスピードが違って違う競技を見ているようでした。

跳馬も他の選手とは違う技を繰り出し、自身の名前がついた難しい技を軽くやってのけました。
以前は苦手だった種目も点数を伸ばし、オールラウンダーに成長しつつあります。

白井健三選手のいいところは常に声を出して、周りの応援を怠らないこと。
他の選手が集中している中で、同じ大学の選手を応援したり次の演技者の先輩に声を掛けていました。

あの明るく前向きな性格で場が和んでいたように思います。
白井健三選手はきっと団体種目にも欠かせない存在でしょう。

先日行われたNHK杯の中継を見ていましたが、白井健三選手の周りには常に人がいて、笑顔が絶えない様子でした。
あのような性格の選手が1人いれば、チームのメンバーも力をもらえるように思います。
東京オリンピックでは、もしかしたら彼が中心メンバーとなってチームを引っ張っているような気がします。

内村航平選手は勝ち続けたまま現役生活を終えるか?

NHK杯体操が行われ、28歳の内村航平選手がまたも個人総合の優勝連勝記録を伸ばしました。
全日本選手権は10連覇、NHK杯は9連覇を果たしました。
10月に行われる世界選手権にも内定し、個人総合の7連覇の大記録がかかっています。

全日本選手権では白井健三選手にわずか0.050点差、今回のNHK杯では0.350点と僅差で優勝しました。
20歳の白井健三選手は苦手種目をのあん馬、つり輪でミスを抑え、少しずつオールラウンダーに成長しました。
これほど内村選手を追い詰めた国内選手はいなかったように思います。

それほど急成長した白井選手に勢いがあったようには見えたのですが、やはり内村選手の演技の美しさやまとめ方が上手く、素人目でもはっとさせられる演技が多かったように思います。そして、最後は全日本選手権と同じように鉄棒種目で逆転劇を演じました。

どのような種目でもそれぞれに連覇を続ける選手はいます。
けれど、体操やフィギュアのように選手寿命が短い競技の中で10代後半から20代後半までトップを走り続け、しかも進化し続けている内村選手は本当に素晴らしいと思いました。

白井選手や若手の選手も伸び盛りですが、このまま内村選手が引退するまで勝つということはあるのかどうか。
勝ち続けたまま内村選手が引退するのかどうなるのでしょうか。

内村航平選手のはかりしれない精神力を支える努力。

内村航平選手、NHK杯の9連覇、さすがです。しかも、最終種目での逆転勝利。
28歳という年齢を考えると、10代後半で最初に栄冠を獲得してから今までずっとトップの座を誰にも譲っていないことを考えると、まさに絶対王者と呼びに相応しい選手です。

ただ、前回、全日本個人総合で優勝した時の会見で思わずでてしまった内村航平選手の言葉、“地獄ですね”は、まさに現在の彼の心情を物語っている正直な気持ちだと思います。
日本にとどまらず、世界の体操界に君臨する絶対王者。
年齢だけでみると、28歳とまだまだ若いのですが、あの貫禄は年齢以上のものを感じさせます。

飄々とした雰囲気で、語り口調ものんびりとした感じの内村航平選手ですが、かなりの練習の虫らしいので、小さい頃からかなりの努力を重ねてきたのでしょう。
深夜のニュース番組のスポーツコーナーで、白井選手といっしょに出演していましたが、その際に、アマチュアレスリングの伊調選手との話の内容も印象的でした。

内村選手自身もオリンピック個人種目を2連覇していますが、伊調選手の4連覇について、もの凄い偉業であると、彼女を讃えていました。
はかりしれないプレッシャーは、きっと経験者である二人にしかわからないものだと感じました。

乗り越える力の源となるのは、それぞれ競技に対する『好き』というシンプルな感情であることも、常人とは違う精神力の持ち主であることを物語っています。
内村航平選手は、努力する才能に恵まれたアスリートの代表格です。