楽天イーグルスの茂木栄五郎選手に2年目のジンクスは無し!

楽天イーグルスの茂木栄五郎選手は、2015年のドラフト3位で入団した選手です。
一年目の2016年に、開幕戦スタメンデビューを果たしました。
ルーキーの野手が開幕スタメンを勝ち取ったのは、茂木選手が初めてのことでした。

大学時代は三塁手でしたが、ショートを任されることになりました。
そのため、茂木栄五郎選手のルーキーイヤーはエラーが目立つ結果となってしまいました。

打撃は、1球目からバットを積極的に振っていくタイプで、足も速く、1年目のシーズンでランニングホームランを2本記録しています。
一時期、負傷により戦列を離れましたが、間もなく復帰し、規定打席にも到達しています。
パ・リーグ18年ぶりの野手の新人賞獲得が期待されましたが、僅差で日本ハムの高梨に破れました。

2年目となる2017年のシーズンは、1番ショートでの起用が多く、積極的なバッティングは健在です。
よく2年目のジンクスと言われ、2年目は調子を落とす選手もいますが、茂木には関係ありませんでした。
5月中には、昨シーズンの自己のホームラン本数を抜いてしまいました。

楽天の生え抜きの日本人選手として、初めて本塁打10本を記録しました。
打率も3割を超え、好調です。
課題である守備も少しずつ上手くなっているようで、エラーの数がだいぶ減りました。

今シーズンも注目の選手です。

千葉ロッテマリーンズを引っ張るキャプテン。鈴木大地選手。

鈴木大地選手は、現在千葉ロッテマリーンズに所属しており、キャプテンとしてチームを引っ張っている選手です。
高校時代は神奈川県の強豪高校である桐蔭学園でプレーをし、卒業後はプロではなく大学へと進学をし、大学野球選手権大会の日本代表として選ばれるなど目覚ましい活躍をしました。
その後、ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズにドラフト3位で入団します。

高校や大学の時代に、ショートやサードといった様々な守備位置を守った経験があり、守備面では内野であるならば、キャッチャーを除きありとあらゆるポジションをそつなくこなす器用な選手の1人です。
打撃面では、一目見た感じだと細身で、ホームランバッターというイメージではなく、イチロー選手のような技ありヒットを打ったりと、パワーヒッターというよりかはアベレージヒッターといったイメージを持つ方が多いかと思います。

ですが、鈴木大地選手を見た目で判断してはいけません。
大学野球の日本代表の時は4番を任されたりと、パンチ力もあり、ここぞという大事な場面での勝負強さも持ち合わせています。
基本的にどの打順で出場しても、そつなくこなすことができる柔軟性が鈴木大地選手にはあります。

人柄も良く、チームメイトのヒットを自分のことに喜んだりと明るいキャラクターでチームを盛り上げてくれています。
内野であればどこでも守ることができ、打撃面でも、どの打順でも柔軟に対応し、チームを引っ張っている鈴木大地選手にこれからご注目下さい。

生涯現役。千葉ロッテ、大リーグなどで一世を風靡したフリオフランコ選手。

千葉ロッテに所属していたフリオフランコ選手をご存知でしょうか?
体を前のめりにして豪快に構える「スコーピオン打法」に感化された少年は多かったと思います。
私もそのうちの一人でした。

フリオフランコ選手は、日本では千葉ロッテの2年間で打率298、本塁打28、打点135という成績を残しました。
また、日本だけでなく大リーグでも打率298、本塁打173、打点1194、盗塁281と非常に優秀な成績を収めています。

さらに、フリオフランコ選手は2500安打を達成していて、首位打者、オールスターMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞と数々のタイトルを獲得しています。
衰え知らないフリオフランコ選手の伝説はすさまじく、46歳でホームランを放ち、MLB最年長ホームラン記録を打ちたて、47、48歳とコンスタントにホームランを放ち自身の記録を更新しました。

しかも、48歳の時に放ったホームランはあのランディジョンソンからです。
MLBを去った後、2015年に55歳という年齢で、BCリーグ石川ミリオンスターズの選手兼監督をつとめました。
監督成績では31勝38敗、打撃では25試合に出場し、打率312と健在さをアピールしました。

58歳のフリオフランコ選手は、韓国のロッテジャイアンツで一軍打撃コーチをつとめています。
首脳陣が打者兼任を許さなかったそうですが、引退を表明してるわけではないので、今後の活躍に期待できそうです。

交流戦から巻き返しをはかる巨人の村田修一に大注目!

2017年シーズン、同じポジションの選手が加入しレギュラー争いに敗れてしまった巨人の村田修一選手ですが、交流戦の開始とともに、復活の狼煙を上げてくれました。
交流戦ではパ・リーグ主催試合の際は、指名打者制が使えるので、スタメンに一つ野手の枠が空きます。
連敗中の巨人は大きな改革をする必要がありましたが、高橋監督は実力のある村田修一選手を起用しました。

かつてホームラン王も獲得したことのある選手ですから、燃えない訳はありません。
早速期待に応えて、6月1日の楽天戦でホームランを放ち、続く2日のオリックス戦でもホームランを放ちました。
特にオリックス戦は東京ドームでの試合でしたから指名打者が使えませんでしたが、その中でも4番打者として出場していました。

結果的に巨人は敗れて連敗が続いていますが、村田選手が入ったことで、雰囲気がかわりました。
村田選手も、ホームランの際には、珍しく雄叫びをあげていました。

気持ちがものすごく入っていたのだと思います。
自分への悔しさ、チームの不甲斐なさなど様々な思いを乗せた一発でした。
この調子で行けば、村田修一選手は今後も起用されるはずですから、チームメイトを背中で引っ張っていくような活躍を期待したいです。

日本ハムの大谷翔平選手はメジャーでは二刀流は継続?

北海道日本ハムファイターズに在籍する大谷翔平選手は、日本では投手と打者の二刀流を貫いてきましたが、メジャーリーグではどういったプレースタイルを選択するのでしょうか?
近い将来メジャーリーグに移籍するということが言われていますが、そこでは二刀流を選択するのか?
そもそも大谷翔平選手は二刀流を選択させてもらえるのか?という部分についても、同時に注目が集まっています。

日本での実績で言えば、メジャーリーグでも二刀流をやってみる価値はありそうな気はしますが、メジャーリーグの球団が難色を示せば、どちらかに専念するという可能性もあります。
その場合には、投手と打者でどちらに専念するのか?という、また違った注目点があるので、本当に話題性が尽きないのが、大谷翔平選手のメジャーリーグ移籍に関する話題になるのです。

大谷選手は投手と打者どちらが良いか?についての意見を言うときには、プロ選手の中でも割れているので、実際どちらも魅力的ということが言えるのではないか?と思います。
大谷選手がメジャーリーグに移籍をするということはほぼ確実でしょう。
しかし、そのときにはどういったプレースタイルでその場に立っているのか?
そこが多くの野球ファンにとっても楽しみなのではないでしょうか?

阪神タイガースの福留孝介選手はベテランとしてチームを引っ張る!

阪神タイガースの福留孝介選手はプロ入りは、中日ドラゴンズで、その後メジャーリーグに渡り、日本に復帰して阪神タイガースに入団しました。
しかし、阪神での1年目と2年目は思うような成績を残せずにいたのです。
それが3年目からは、福留孝介選手はチームの主力選手として活躍し、チームに欠かせない存在となりました。

メジャーリーグに行ってから、日本に帰ってきた選手の中にはあまり活躍できないような選手もいるのですが、福留選手の場合にはその気配があったものの、見事復活したということになります。
40歳を越えても、チームでクリーンナップを打っていますし、本当によく復活したなという印象を持っている人もいるかもしれません。
この年齢になって活躍している選手が少ないだけに、福留選手はさすがと言える面があるのではないでしょうか。

2017年からはチームのキャプテンを任されていますし、それだけ阪神からしても信頼が厚い選手なのでしょう。
40歳を越えると、毎年毎年引退という可能性が出てきてしまうと思うのですが、福留選手の場合には何歳までプレーできるか?という点も注目ですし、彼のような存在がいる間にチームが優勝、日本一になれるか?というのも注目と言えると思います。

プロ野球選手 読売ジャイアンツ キャプテン坂本勇人選手。

2016年から読売ジャイアンツのキャプテンになった坂本勇人選手についてです。
坂本勇人選手は小学1年生から野球を始めました。
小学生時代には、現在ニューヨークヤンキースで活躍している田中将大選手とバッテリーを組むでいました。
小中と地元のシニアチームに所属し活躍しました。

高校では青森の光星学院に入り甲子園に出場し活躍しました。
そしてジャイアンツに高校生ドラフト1位で入団しました。

そしてプロ一年目から開幕スタメンに入るなど将来有望な選手としてたくさんの試合に出場し、活躍しました。
しかし統一球問題後、最多安打のタイトルを一度獲得したものの、少しづつ成績が低迷し、スタメンを外されたり、途中交代を告げられるなど思ったような成績が出せない苦しいシーズンが4年ほどつづきました。

そんななか坂本勇人選手は阿部慎之助選手の後を引き継ぎジャイアンツのキャプテンに任命されました。
すると松井選手の教えてを生かしたバッティングの改造などもあり2016年プロ入りから自己最多ともいえる成績を残し、首位打者のタイトルを獲得しました。

またWBCにも選出され活躍するなど国際舞台などでも好成績を残し、今度のプロ野球界を引っ張る存在となっています。