柳田悠岐選手、異色の大砲

トリプルスリーを達成した柳田悠岐選手。
俊足強肩はもちろんのことですが、柳田悠岐選手の魅力はなんといっても豪快な打撃にあるでしょう。

全球狙ってるかのようなフルスイング。
投手からしたら威圧感の塊だと思います。

ミスターホークスでおなじみの門田博光さんは以前こんなことを言っていました「ホームランは狙って打つもんや」と。
しかし、それに対し当時ホークスの監督だった野村克也さんは「ヒットの延長がホームランや」と語っています。

確かに、柳田悠岐選手を除く、歴代トリプルスリー達成者は、あまり狙ってホームランを打たない、山田選手や松井稼頭央選手、金本選手などヒットの延長上のようなホームランを打つ人が多いです。
おそらくですが、細身で足の速い選手は意識してホームランを打つのではなく、ミート打ちのおまけでスタンドの前列に叩き込むような理論を持っているのかと思います。

元巨人の堀内監督は「外野フライのような打球が前列に入るより、特大ホームランを打たれる方がダメージが大きいんですよ」と語っていました。
そう考えると、走れて守れる上に、バックスクリーンを破壊するほどの特大弾を放ち、その上アベレージまできっちり残す柳田悠岐選手はただものでないことが分かります。

長野久義選手の復活

6月4日のゲームで日本のプロ野球ジャイアンツが10連敗という状況に陥りました。
次のゲームに負ければ、球団のワースト記録に並びます。
このようなチーム状況において、復活が期待されるのは、長野久義選手です。

開幕から打率が低迷していますが、5月からは打撃も戻り始めてはいます。
ただ要所のところで、バント空振り、失敗などミスが目立つシーンが多くなっています。

昨年も打撃不振で打率が2割前半と低迷しました。
かつて2011年には首位打者をマークするなど、打撃の長野久義選手という活躍をしていましたが、今の打撃状態はかつての勢いを感じないことがあります。

もしかすると、目を細めたりする仕草が最近目立つため、視力が落ちている可能性があるかもしれません。
ただ、この長野久義選手が活躍しなければ、ジャイアンの順位浮動には繋がりません。

守備ではいいものを持っています。
長野久義選手は足も速いので、塁に出たあとには引っ掻きまわすこともできます。
本来であれば1番か、クリンナップを打つ打順で、持ち前の打撃センスを発揮してもらいたいところではあります。

しかし現状は6番か7番で打撃不振からの開眼を目指して欲しいですが、酷いようならば2軍で再調整する選択肢もありではないかと思います。
いずれにせよ、長野久義選手が活躍しない限り、ジャイアンツはこのまま低迷し続けると思います。
頑張って欲しいものです。

筒香嘉智選手は日本の4番

プロ野球は、今年セパ両リーグ盛り上がった感じがあり、面白い試合も多くありました。
シーズン終了後には、野球の世界大会WBCが開催されて日本は、惜しくもベスト4で終了したものです。

しかし、日本代表チームは、前評判より強くよく打った印象が残ります。
中でも日本の4番、筒香嘉智選手は、ホームランを数本打ちチームを牽引した選手です。
筒香嘉智選手は、今年チームで44本のホームランを打ち打点は、110の素晴らしい成績を残します。

2冠王のタイトルを獲得し、日本を代表するバッターに成長した一人です。
そんな筒香嘉智選手は、名門の横浜高校出身であり当時の監督いわく、打球の飛距離は歴代でも1、2位と語っています。

185センチ97キロの体は、プロの選手として恵まれており今後の期待もかかります。
しかし、筒香嘉智選手は、出身が和歌山県という関西人であり中学時代は、大阪のチームで活躍をしています。
高校を関西の強豪校へ進学する事を考えますが、横浜高校でプレーしたい気持ちが強く選ぶようです。

プロ入り後、野球に没頭するため野球の本、野球道具だけを寮に持ち込みます。
ジャイアンツの松井秀喜さんに憧れ、バッターとして追い越す勢いを感じるバッターです。

筒香嘉智選手は、現在25歳でありながら年棒は、3億円という高給取りになります。
横浜DeNAという地味なチームながら、ホームランを期待できる少ないバッターです。

大谷翔平選手、球界の二刀流サムライ!

今回、大谷翔平選手がWBC辞退となった原因である足首の痛み、これは大事です。
バッターの時は、右足に体重を乗せ、そのまま体重移動をするだけなので、さほど影響はないと思いますが、現にフリーバッティングの時には160メートルの特大柵越えをはなったくらいですから、心配ないと思います。

問題なのは、投手の時です。
投手は、セットの時でも、ワインドアップの時でも、基本は左足を上げたときに右足に体重を乗せます。そのまま体重移動をし、リリースの瞬間に全体重を左足に乗せます。
(大谷翔平選手は右腕)
その、全体重を支える大事な左足が痛むとなれば、投げるのはむりです。

無理してWBCに出場は出来ると思いますが、大谷翔平選手の今後を考えると無理はしない方がいいと思います。
大谷翔平選手は、日本の宝です。
二刀流という、日本の野球界の歴史を変える存在になりえるひとなので、今を大事にしていただきたいです。

ただ、心配なのは、大谷翔平選手の肩や肘です。
投手の肩や肘は消耗品と言われているぐらいです。

日本の野球界最速の164㌔を投げるピッチャーなので、将来が心配です。
過去に凄いボールを投げる投手たちは、肩や肘にメスを入れてます。
そこから復活を遂げた選手は、そうはいません。

なので、今は、ゆっくり焦らず、進んで貰いたい。
メジャーで活躍する大谷翔平選手を見てみたいです。

濱口遥大投手、横浜DeNAベイスターズ期待の新人

濱口遥大投手は、前年に行われたプロ野球ドラフト会議において「横浜DeNAベイスターズ」から1位指名を受け入団しました。
左腕から繰り出される150キロを超えるストレートとチェンジアップを武器としており、神奈川大学時代から注目を集めていた選手でした。

若手の活躍が目覚ましい横浜DeNAベイスターズにとって、濱口遥大投手は新たな戦力として期待されています。
オープン戦ではコントロールに多少のばらつきはあるものの、速球と変化球を織り交ぜて試合を作っていました。

濱口遥大投手は、その活躍が合格点となり1軍の先発ローテーションを任され、初先発で初勝利とはならなかったものの、プロ2戦目で初勝利を挙げました。
オープン戦のときよりもさらに調子は上がってきているとみられ、4月25日の登板では阪神タイガースを相手に6回までノーヒットに抑えるピッチングを見せました。

濱口遥大投手は、この試合で2勝目を挙げ防御率も1.17と、開幕から投手陣がなかなか安定していない今年の横浜DeNAベイスターズにとって明るい存在となりました。
気が早いようですが、このまま順調に勝ち星を伸ばしていくことができれば新人王を見えてくるので、ぜひともチームの勝ち頭となってベイスターズを勢いに乗せてもらいたいと思います。

アンドレルトン・A・シモンズ、世界一の遊撃手

大リーグのロサンゼルスエンゼルスに所属するアンドレルトン・A・シモンズ選手をご存知でしょうか?
アンドレルトン・A・シモンズ選手は「世界一の遊撃手」と謳われ、世界中から注目を集めている選手です。
彼の選手としての特徴は、高い身体能力から生み出されるアクロバティックな守備に、圧倒的な肩力です。

大学時代は投手ということもあり、球速158kmマークしています。
それにしても、アンドレルトン・A・シモンズ選手の肩は球速だけでは表せない凄さがあります。
ノビがあるというのか、158kmの球がショートからファーストまでノンストップで届いているような感じです。

そして、刺殺、捕殺の数が非常に多く、中継プレーの際に放たれるレーザービームが魅力的です。
守備ばかり注目されていますが、打撃も決して悪くなく、2013年には17本塁打をマークしています。
また、5年間の一軍生活で、ゴールドグラブ賞2回、月間最優秀新人1回、フィールディングバイブルアワード4回と多くの表彰を受けています。

アンドレルトン・A・シモンズ選手は国際大会にも出場しており2013、2017年とWBCのオランダ代表に選出されています。
多くの方はWBCをご覧になられたかと思いますが、日本VSオランダの試合でこんなシーンがありました。

菊池選手の好プレーに対し、ベンチに居たアンドレルトン・A・シモンズ選手が思わず拍手をするシーンです。
私は日本一の守備でおなじみの菊池選手が大リーグに引き抜かれ、もしくはアンドレルトン・A・シモンズが日本に移籍し、同じチームになり二遊間を組むことを夢見ています。

筒香選手、WBCの回顧録

WBCまで残りわずかとなりましたね。
今回の大会は非常に楽しみなんですよね。
それは、何かというとこれまで日本球界を引っ張ってきた選手達から若返り、世代交代といったチーム編成だからです。

もちろん、こういった国際大会には、ベテランで経験豊富な選手が必ず必要ですよね。
今回のチーム編成を見て、頼もしいベテランといえば、青木選手ですよね。
強化試合を見る限り、やはり威圧感を感じますし、引っ張ってくれているなと思います。

また、小久保監督が選ぶ4番打者は誰になるのかすごく注目していました。
すると、ずっと固定で行くと、筒香選手が選出されています。

彼の最近の成績も素晴らしいですし、以前メジャーでも活躍したゴジラ松井選手ばりですよね。
野村克也がテレビに出ていて、筒香選手のバッティングを見ながら一言言ったことが、完璧だという事。

あの野村克也が言うのであれば間違いないですよね。
中田翔選手とどちらが4番に座るのか楽しみにしていましたが、筒香選手の後の5番に中田翔選手がいる打線も素晴らしく怖いですよね。

今回の野手は、足も速くて機動力あっての選手が多いので、足を活かした面白い野球もできると思います。
前大会がベスト4ですので、今回は必ず優勝してもらいたいと思います。