濱口遥大投手、横浜DeNAベイスターズ期待の新人

濱口遥大投手は、前年に行われたプロ野球ドラフト会議において「横浜DeNAベイスターズ」から1位指名を受け入団しました。
左腕から繰り出される150キロを超えるストレートとチェンジアップを武器としており、神奈川大学時代から注目を集めていた選手でした。

若手の活躍が目覚ましい横浜DeNAベイスターズにとって、濱口遥大投手は新たな戦力として期待されています。
オープン戦ではコントロールに多少のばらつきはあるものの、速球と変化球を織り交ぜて試合を作っていました。

濱口遥大投手は、その活躍が合格点となり1軍の先発ローテーションを任され、初先発で初勝利とはならなかったものの、プロ2戦目で初勝利を挙げました。
オープン戦のときよりもさらに調子は上がってきているとみられ、4月25日の登板では阪神タイガースを相手に6回までノーヒットに抑えるピッチングを見せました。

濱口遥大投手は、この試合で2勝目を挙げ防御率も1.17と、開幕から投手陣がなかなか安定していない今年の横浜DeNAベイスターズにとって明るい存在となりました。
気が早いようですが、このまま順調に勝ち星を伸ばしていくことができれば新人王を見えてくるので、ぜひともチームの勝ち頭となってベイスターズを勢いに乗せてもらいたいと思います。

アンドレルトン・A・シモンズ、世界一の遊撃手

大リーグのロサンゼルスエンゼルスに所属するアンドレルトン・A・シモンズ選手をご存知でしょうか?
アンドレルトン・A・シモンズ選手は「世界一の遊撃手」と謳われ、世界中から注目を集めている選手です。
彼の選手としての特徴は、高い身体能力から生み出されるアクロバティックな守備に、圧倒的な肩力です。

大学時代は投手ということもあり、球速158kmマークしています。
それにしても、アンドレルトン・A・シモンズ選手の肩は球速だけでは表せない凄さがあります。
ノビがあるというのか、158kmの球がショートからファーストまでノンストップで届いているような感じです。

そして、刺殺、捕殺の数が非常に多く、中継プレーの際に放たれるレーザービームが魅力的です。
守備ばかり注目されていますが、打撃も決して悪くなく、2013年には17本塁打をマークしています。
また、5年間の一軍生活で、ゴールドグラブ賞2回、月間最優秀新人1回、フィールディングバイブルアワード4回と多くの表彰を受けています。

アンドレルトン・A・シモンズ選手は国際大会にも出場しており2013、2017年とWBCのオランダ代表に選出されています。
多くの方はWBCをご覧になられたかと思いますが、日本VSオランダの試合でこんなシーンがありました。

菊池選手の好プレーに対し、ベンチに居たアンドレルトン・A・シモンズ選手が思わず拍手をするシーンです。
私は日本一の守備でおなじみの菊池選手が大リーグに引き抜かれ、もしくはアンドレルトン・A・シモンズが日本に移籍し、同じチームになり二遊間を組むことを夢見ています。

筒香選手、WBCの回顧録

WBCまで残りわずかとなりましたね。
今回の大会は非常に楽しみなんですよね。
それは、何かというとこれまで日本球界を引っ張ってきた選手達から若返り、世代交代といったチーム編成だからです。

もちろん、こういった国際大会には、ベテランで経験豊富な選手が必ず必要ですよね。
今回のチーム編成を見て、頼もしいベテランといえば、青木選手ですよね。
強化試合を見る限り、やはり威圧感を感じますし、引っ張ってくれているなと思います。

また、小久保監督が選ぶ4番打者は誰になるのかすごく注目していました。
すると、ずっと固定で行くと、筒香選手が選出されています。

彼の最近の成績も素晴らしいですし、以前メジャーでも活躍したゴジラ松井選手ばりですよね。
野村克也がテレビに出ていて、筒香選手のバッティングを見ながら一言言ったことが、完璧だという事。

あの野村克也が言うのであれば間違いないですよね。
中田翔選手とどちらが4番に座るのか楽しみにしていましたが、筒香選手の後の5番に中田翔選手がいる打線も素晴らしく怖いですよね。

今回の野手は、足も速くて機動力あっての選手が多いので、足を活かした面白い野球もできると思います。
前大会がベスト4ですので、今回は必ず優勝してもらいたいと思います。

川添奨太プロ、無敵のプロボウラー

川添奨太プロは2連続パーフェクト優勝をするなど今までにない日本のボウリング革命を次々と達成しました。
そんな川添奨太プロは幼少期の頃からボウリングを投げ始めて小学校6年生の頃にはアベレージが200を超えていたと言われています。
川添奨太プロは中学に入ると練習量は1日20ゲームを超える練習をしていて、天才が練習をすると無敵になると言われていますが、まさにその通りの道を進んで行ったのです。

高校生になりアマチュアの選手になったときにはトーナメントで数々の実績を残して活躍しました。
高校時代にアベレージは210を軽く超えていてプロも恐れるくらいの存在になっていたのです。
私は川添奨太プロと1度だけ同じレーンで投げた事があるのですが、ボウルの回転数、スピード、正確性が他の選手に比べて格段の違いがありました。

川添奨太選手の素晴らしい所は性格の良さももあります。
普段は礼儀正しくとても謙虚な性格をしていて川添奨太選手が所属しているボウリング場でもとても人気が高く信頼されている選手なのです。
アメリカの選手権にも日本代表で出場していて本場アメリカのプロの間でも評価が高く恐れられている存在です。

これからも川添奨太プロの活躍に期待をしています。

安美錦、伊勢ヶ濱部屋に所属していた元大相撲力士

38歳で現在、現役関取最年長の十両・安美錦は夏場所で十両の優勝争いを演じる好調な取り組みを見せました。
元々幕内で相撲を取っていたのですが、2016年の5月場所でアキレス腱断裂の大けがをして翌場所を休場、9月場所から2004年11月場所以来約12年ぶりとなる十両で土俵を務めています。

安美錦は、今場所は2連敗スタートでしたが、その後勝ち星を延ばし、14日目ではトップ対の8勝5敗となりました。
千秋楽、錦木との優勝をかけた一番では取り直しとなり、惜しくも負けてしまい、十両優勝の最年長記録を更新することができませんでした。

それでも、来場所は番付も上がって、いよいよ幕内復帰を目指すことになります。
年齢的にもアキレス腱断裂のような大きなけがをしてしまったら、気持ちが折れて引退を考えてしまうのではないかと思います。
ただ、いつも必ず、幕内に戻るとコメント、飄々した雰囲気の中にも相撲に対する情熱はまだまだ続いているのだなと感心します。

また、安美錦は巡業などで、部屋や一門関係なく、若手力士に稽古をつけてくれることでも有名です。
前場所から幕内に昇進した人気の宇良関も、場所前の巡業で熱心に指導を受けています。
一門の枠を超えて、後輩にアドバイスした大ベテランの姿は安美錦の人間性が伺えます。

安美錦がけがで休場していた時は、同部屋の宝富士がインタビューのたびに安美錦のけがの状況を報告。
「言えと言われているので」とは言うものの、後輩が好かれていることが分かります。
大関の照ノ富士が優勝した時も自分のことのように喜んだと聞きます。

ポーカーフェイスで冷たい感じがしますが、心は熱い素敵な力士、ファンが多いのも分かりますね。
足のけがは完治とはいかないと思いますが、安美錦の技の相撲で幕内も戻ってほしいと思っています。

寺本明日香選手、東京オリンピックに向けて飛躍

女子「器械体操」のレジックスポーツ・中京大学の寺本明日香選手。
寺本明日香選手は、ロンドンオリンピック、リオオリンピック代表、世界選手権にも2011年から連続出場しています。
日本女子体操界のエースです。

跳馬を得意としていてD難度の高いチュソビチナという技をしますが、回転の速さも綺麗さもズバ抜けています。

寺本明日香選手は身長が142cmと小柄ですが、ダイナミックのキレのある演技と表現力。
難度の高い技を次々と決めてくれます。

何よりこれらを安定して演技が出来るところが寺本明日香選手の持ち味です。

16歳で2011年の日本で行われた世界選手権では、直前で怪我をした選手の代わりに急遽出ることになっても、怯まず堂々とした演技を見せてくれました。
あの度胸の良さはどこから来るのだろう!と驚くほど貫禄もあり、ミスもなく素晴らしい跳躍を見せてくれました。

そこからは寺本明日香選手はずっと大活躍で、日本の女子体操を引っ張っていってくれる正に、エースと言える存在です。

リオオリンピックでは堂々の個人総合8位入賞!の快挙を成し遂げました。

段違い平行棒でも演技中に手の皮がベロっと剥けて、相当な痛みなハズなのにそんなことを微々たりとも感じさせない、いつも通りの大技をきめてくれました。

寺本明日香選手は、東京オリンピックに向けてさらなる飛躍が期待されています。

黄 秀京(ファン・スギョン)、フリービーチバレーボール選手

ファン・スギョン選手は、大阪朝鮮高級、日本女子体育大学卒業後、チャレンジリーグのGSS東京サンビームズに所属。

その後、2012年にビーチバレーボールに転向し現在も活動しているプレイヤーです。
在日コリアン3世として朝鮮学校を卒業し、日本一を目指して活動しています。

現在も朝鮮学校や子供達に夢を与えられる存在になりたい、国際交流を深めたいということで、ファン・スギョン選手は朝鮮学校やFC東京の開催するバレーボールスクールでバレーボール教室などをしています。

ビーチバレー転向後は「朝鮮代表選手になりたい。」という事を言っていましたが、現在は夢を与えられる存在になりたいと言っています。
ファン・スギョン選手は、持ち前の明るさだけでなく、負けず嫌いという性格がプレイにも出ています。

大学時代にも実力主義という事を徹底し、先輩・後輩の関係よりもとにかく実力を重視する選手でした。
その為、負けないという姿勢から実力を伸ばしてきた選手です。

インドアからビーチバレーに転向した後も、ファン・スギョン選手は、フリーとしてバレーボール活動の普及を行ってきました。

指導としては朝鮮学校の指導以外に、FC東京のバレーボールスマイル教室、オーカバレーボールスクールでのフロントスタッフとして多くの生徒に指導をしてきました。
朝鮮代表選手であっても日本人代表選手であっても、ファン・スギョン選手は持ち前の明るさと元気、粘り強さで結果を残して欲しいプレイヤーです。