世界で活躍を続けているプロゴルファー松山英樹選手。

アメリカPGAツアーで活躍中の松山英樹選手についてお話しします。
ゴルフの名門の東北福祉大学でゴルフ部在籍中に2010年にはアジアアマを制覇し翌年のマスターズに出場。
そこでローアマ(アマチュアで出場した選手の中で最上位)を獲得するなどアマ時代から注目されていた逸材。

2011年に三井住友太平洋VISAマスターズでアマで優勝した後、プロへ転向。
その後、国内で勝利を重ねた後男子プロゴルフの最高峰のPGAへ舞台を移して現在活躍中です。
世界のトッププレイヤーが集結しているPGAツアーがゆえに、予選落ちもあり、調子も維持するのが大変だと思います。

そんな過酷なツアーで松山英樹選手は現在、PGAツアー4勝をあげている。
世界のマルちゃんと言われた丸山茂樹プロの勝利数を25歳で抜いて日本人史上最高のプロゴルファーだと言えます。
そんな松山英樹プロがPGAツアーで今なお活躍できる理由は私が思うに3つあります。

まず一つ目はメンタルの強さです。
ゴルフはよくメンタルのスポーツと言います。
テレビで見ていても松山選手のプレーは淡々とプレーしている様に見えます。
表情にあまり現れないのです。良い時も悪い時も画面越しに見える表情があまり変わらないのです。
当然バーディーパットが外れた時は悔しそうな表情をしますが次のホールに引きずってる感じがまったくありません。
このメンタルの強さがが過酷なツアーで戦い続けられる原動力となっていると思います。

二つめは飛距離です。
PGAツアーはコースの距離が国内と比べると長く飛距離の出る、外国選手が有利ですが、松山選手はドライバーのの飛距離が300ヤードを超え海外選手にひけをとりません。
この圧倒的な飛距離がPGAツアーで戦えている要因です。

3つめは体幹の強さです。
ツアー中でもトレーニングを欠かさない松山選手の体は年々がっしりしています。
強靭な体はぶれが少なく安定したショットを生み出します。
ショットは世界一といっても過言ではない位安定しています。

必ずメジャーを勝ってくる選手だと確信しています。
松山選手の今後の活躍を期待しています。

レバンガ北海道の折茂武彦は、やはり選手として最高です!

レバンガ北海道の折茂武彦選手(レバンガ北海道社長でもあります)は、やはりバスケットボール界では凄い選手だと思います。
先ずは、年齢、1970年生まれですので今年で47歳です。

現役のバスケットボール選手では、考えられない年齢です。
私も42歳でいまだに社会人のバスケットボールをしておりますが、それでも考えられない年齢です。
と言うのは、私たちは、同じ年齢の方々とのプレイも可能ですが、レバンガ北海道はプロです。

周りのプレイヤーは、かなり若く速度域が早いです。
それに付いていく事の出来る折茂武彦選手には、ビックリさせられます。
しかもプレータイムも意外と長く出ております。

そして彼の持ち味は、スリーポイントシュートですが、これは若い頃と変わらず綺麗なシュートで感銘いたします。
普段の彼のトレーニングを見たときに、周りの選手に劣ることなく付いていっているのを見て自分も頑張らないとと思わせてくれます。
北海道にバスケットボールのチームが出来て、彼が北海道のバスケットボールのレジェンド的存在になってきました。

このまま、レバンガ北海道の折茂武彦選手が、何歳まで選手として活動していけるか楽しみです。
総得点数が500点を超えましたが、この点数がどこまで伸びるのかも非常に楽しみです。

バーレーンメリダ所属、サイクルロードーレーサー新城幸也選手。

新城幸也選手はサイクルロードレースの本場、ヨーロッパで活躍している選手です。
サイクルロードレースといっても日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ヨーロッパではサッカーと肩を並べる位に人気があり、新城選手の地名度は日本よりもヨーロッパでのほうが高いともいわれています。
そんな新城選手ですが、サイクルロードレース最高峰のツールドフランスに6回も出場しており、輝かしい実績を保持しています。

そんな新城選手は、18歳の時からロードレース競技を本格的に初め、競技を始めてわずか、10年で世界で戦える選手に成長していきました。
余談ですが、新城選手は高る事もあったそ校時代にハンドボールに熱中していてそれなりの成績も収めてきています。

また、新城選手の父親は高校で自転車部の監督をやっており、小さい頃から自転車にのって一緒に走うですが、そこまでのめり込む事はなかったそうです。
新城選手の活躍は、テレビや雑誌、インターネットなどを通じて配信されていますが、近年ますます注目度が上がってきているスポーツ選手の一人であると言えるでしょう。

新城選手の活躍を生で見たい方は、毎年10月に栃木県の宇都宮市で行われるジャパンカップという大会に出場していますので、是非足を運んでみてください。

沖縄県出身プロ野球選手活躍。期待している沖縄県出身野球選手は?

今1番プロ野球で活躍しているのはソフトバンクの東浜巨選手です。
甲子園優勝投手で亜細亜大学卒業後ドラフト1位でソフトバンク入団して直ぐ私は活躍を期待していましたが中々厳しいプロの壁にぶつかっていました。
去年規定回数には届きませんでしたが、自身初の9勝マークしました。今年は2桁勝利期待していますし、是非ソフトバンクエースまで活躍してほしいと期待しています。

今1番活躍を期待しているのは今年ジャイアンツからDeNAに移籍した平良拳太郎投手です。
まだ21歳と若く、ジャイアンツの田口投手のライバルとしてしのぎを削っていました。
今は差がついてしまいましたが移籍したのをきっかけにして一軍のマウンドに立ってほしいです。
彼みたいなトルネードはあまりいないので期待しています。

現在沖縄県出身プロ野球選手は近年になく増えました。
名前を上げたらきりがないですが東浜選手、平良選手を初め、ソフトバンク島袋投手、オリックスの大城選手共に甲子園春夏連覇メンバーで沖縄県のヒーローです。
春夏連覇は沖縄県民にとって悲願の夢でした。
あの感動をもう一度、沖縄県民に新たな夢を届けてほしいと見守っていますので、ぜひ活躍してほしいです。

読売ジャイアンツの坂本勇人は、田中将大とバッテリーを組んでいた。

読売ジャイアンツに所属する坂本勇人さんは、遊撃手として活躍するプロ野球選手です。
身長が186センチある大型の内野手で、2016年にセリーグで初めて首位打者のタイトルを獲ります。
チームでは、1番を打ったり3番を打つなど打撃にも期待される一人です。
2010年には、ホームランを30本打ち長打も打てる内野手として人気を集めます。
そんな坂本勇人さんは、兵庫県の伊丹市出身ですが、高校は青森の光星学院へ進学します。

他校からスカウトされますが、光星学院を選んだのは甲子園に出たい気持ちが強いと思われます。
光星学院は、全国から有望な選手が集まる東北では有名な高校です。
坂本選手は、1年生からレギュラーを掴み甲子園にも出場しています。
チームは早く負けますが、坂本選手のプレーはプロ野球のスカウトに注目されます。
2006年には、ジャイアンツから違う選手の外れ1位で指名されて入団します。
プロ入り後は、高卒ながら早くから1軍で活躍、レギュラーとしてチームの顔になりつつあります。

また、日本からメジャーへ行った田中将大投手は、小中学の同級生です。
小学時代は、同じ野球チームに所属して坂本選手はピッチャー、田中選手はキャッチャーというポジションになります。
坂本選手は、当時から長打力があり、打って離れた校舎の窓ガラスを壊した事もあるようです。
同級生同士がプロに入る事は、意外と少なくお互い友人、ライバルとして頑張っています。