大相撲5月場所が始まります。稀勢の里の人気は増すばかりです!

大相撲5月場所が始まります。
久しぶりの日本人横綱の稀勢の里が誕生して、盛り上がっています。
更に先場所は肩と胸の怪我にも負けず優勝しました。

最後の、稀勢の里と照ノ富士との対決は本当に手に汗握るという言葉がぴったりでした。
たぶん、無理、照ノ富士が勝つと思った人がほとんどだったことでしょう。

しかし、稀勢の里は優勝決定戦まで持ち込み、それも制してしまったのですから、盛り上がっても仕方がないことです。
しかも19年ぶりの日本人横綱ですから、期待は大きいのでしょう。

稀勢の里は、今場所の出場も危ぶまれていたようですが、無事出場すると言うことで、ファンならずとも、またテレビにかじりつきそうです。
茨城県の盛り上がりもすごく、出身地の牛久市や龍ケ崎市以外でも、どこへ行っても稀勢の里の名前があふれています。
また、多くの出版物があり、本屋さんには平積みしてあります。

そんな稀勢の里の人気を反映して、前売りの入場券もあっという間に売り切れてしまったようです。
以前、若乃花と貴乃花の若貴時代よりも注目度が高いと言います。

更に、女性の相撲ファン(スー女と言うそうですが)も多いそうで、5月場所は華やかな雰囲気も味わえるかもしれません。
江戸時代は、女性は見ることのできなかった大相撲です。
良い時代になりました。

長年の相撲ファンとしては嬉しい極みです。

レスター岡崎選手の左足ボレーシュートは素晴らしかった!

マンチェスターシティを相手にした試合で岡崎選手が、とても難しい左足のボレーシュートを決めた。
何度もテレビの番組やインターネットを見たが、本当にすばらしかった。
試合には2対1で負けてしまったが、岡崎選手のシュートは際だっていた。
サッカーを経験したことがある人であれば、岡崎選手のシュートはかなり難易度が高いことがよく分かります。

どのようなところかというと三つの点です。
一つ目は、走りながらのボレーシュートだったというところです。
ボレーシュートは足に正確に当てることが基本的には難しいからです。
岡崎選手は、それを走りながら行っています。

二つ目は、利き足ではない左足でゴールを決めきったところです。
いくらプロの選手でも利き足以外でシュートをするのは難しいからです。

三つ目は、相手ディフェンダーのプレッシャーを受けながらのシュートだからです。
どうしても相手からの圧力は感じているのに決めきっていました。

本当に素晴らしいシュートなので、岡崎選手はプレミアリーグでもとても高い評価を受けていると思います。
今まで試合に出ることが少なく、フォワードなのにディフェンスを地味にすることが多かったですが、これを契機に美しいゴールを量産してほしいものです。
また、泥臭いゴールも見てみたいです。

フィギュアスケート、世界での活躍が期待される本田真凜選手に注目!

フィギュアスケートの女子シングル、本田真凜選手が世界から注目されていますね。
2016年の世界ジュニア選手権で金メダル、2017年の世界ジュニア選手権でパーソナルベストを更新して銀メダル。
女子シングルのジュニア選手では有望な選手がたくさんいますが、その中でも本田真凜選手は一番の実力者といっても過言ではないでしょう。

色白で細く長い手足に可憐な笑顔に魅了された方もたくさんいるのではないでしょうか。
氷上での姿は本当に妖精のようです。
難しいジャンプを軽々と流れるように決めていく、本田真凜選手の演技は本当に美しいものです。

2017/2018シーズンはおそらくシニアに上がるのではないでしょうか。
平昌オリンピックの代表争いにも加わってくるのではないでしょうか。
女子シングルの代表枠は2枠になってしまったので熾烈な争いが予想されます。
ぜひ本田真凜選手がオリンピックの舞台で美しい演技を披露してくれるのを見てみたいですね。

本田真凜選手は兄弟でスケートをされていることでも有名ですね。
特に妹の望結さんは女優とスケート選手を両立していてその様子がよくテレビでも放送されています。
下の妹の紗来さんもスケート選手として期待されています。
ぜひ兄弟揃って世界の舞台で活躍しているところを見てみたいですね。

フィギュアスケート、羽生結弦選手の美しさと多面的な魅力。

フィギュアスケートの羽生結弦選手のファンには、一種独特の熱があります。
比較的中高年女性のファンが多く、「ゆづ」「ゆづくん」と呼んで、「かわいい息子のよう」と応援する姿がよく見られます。
羽生結弦選手の魅力は、言う間でもなく美しいスケーティング、中性的な演技の美しさ、礼儀正しい受け答え、鬼気迫る演技中の表情とリンクを下りた時のかわいらしさのギャップ、というところでしょうか。

一見繊細できゃしゃなイメージなのに、演技になると殺気だったような表情を浮かべ、負けず嫌いな激しい一面、男気のようなものが出てきて、演技を終えた途端、にっこり笑うその笑顔のあどけないかわいらしさ、世界王者の貫禄と強さを持つのに、「プーさん」を手放さないところなど、多面的な魅力に骨抜きにされてしまう女性は多いのではないでしょうか?

そしてインタビューなどで繰り出される言葉は、それそのものが「格言集」になってしまいそうな、含蓄あふれるもの。
とても20歳そこそこの若者の言葉とは思えぬ重みをもっています。

試合によっては、優勝の座を逃がしてしまうこともありますが、やはり惹きつけられてしまうのは、いつまでも見ていたくなる彼のスケーティングの美しさ。
男子選手ではなかなかできる人のいない、ビールマンスピンやドーナツスピン、そしてイナバウアーに見る体の柔らかさ。
美しいジャンプ姿勢。

そして細身でありながら、太ももにはしっかり筋肉のついた理想的な体型。
羽生ファンはおそらく、彼が引退しても年を重ねても、アイスショーなどで彼を追いかけ、一生ファンであり続けるのではないかなと自らも含めて思うのです。

Jリーグ創世記からの現役選手、そしてサッカー界のレジェンド三浦知良。

今年で50歳を迎えたカズこと三浦知良選手。
現在J2の横浜FCで今年も最年長ゴールを挙げてまだまだ現役を続けていくことは可能でしょう。

Jリーグが始まった頃、カズ選手はベルディ川崎の選手でした。
その時のベルディはラモスや都並、柱谷といった黄金時代でチームも強く、野球で言えば読売ジャイアンツ的な存在でしたね。

その中でもゴールを上げてカズダンスを披露をするカズにはスターのオーラが光り輝いているように思えました。
ストイックでしかし格好良さも漂うサッカーの経験がない人でも憧れを持っていたと思います。
そんなカズ選手がフランスW杯で北澤選手とともに代表から落選したことにはまさかと思い相当驚きました。

しかしサッカー界ってそんなに厳しいものかもしれないとも同時に思いました。
私がカズ選手の何が凄いかというと、ボクシングの辰吉選手も同じですが周りから何を言われようととにかく現役にこだわることです。

カズ選手クラスになると、解説もできるでしょうし、監督もできそうです。
多分現役を退いても生活していくにはさして困らないと思われます。

それでも敢えて現役のしかもJ2のチームでもひたむきに選手にこだわる姿勢は本当の意味で信念のようなものを感じます。
サッカーが好きで好きで仕方がないとできないと思います。
自分もそこまで仕事に陶酔できたらどんなに素晴らしいのだろうと憧れをいつも抱いております。

約3年ぶりの前頭筆頭の番付に戻った遠藤関に期待!

先日、大相撲夏場所の番付が発表されました。
先場所優勝した横綱稀勢の里関が東の横綱となり最高位まで昇りつめました。
今場所も優勝がかかる場所となりますが、体調が万全となっていることを祈っています。

そして、私にとっては嬉しいことがもう一つあります。
それは、遠藤関が西の前頭筆頭にまで番付を上げたことです。
先場所は前頭5枚目で8勝7敗とぎりぎり勝ち越したわけですが上位陣が負け越しという成績が多かったため一気に前頭筆頭まで上がったようです。

遠藤関は以前も前頭筆頭で取り組みをしたことはありますが、それは2014年の春場所と秋場所で約3年ぶりとなります。
3度目の正直でぜひ勝ち越しを決めて三役へと番付を上げてもらいたいものです。

遠藤関は2015年に膝のケガのため休場し、一時は十両まで番付を下げていました。
場所をこなしながらケガを治すというのは大変なことでしょうが、徐々に調子を戻しつつあります。
最近は大負けすることなく前頭上位の番付をキープしてきました。

遠藤関も最近は満足な稽古ができていると言っていたので本人も手ごたえを感じているのでしょう。
番付上、初日からしばらくは横綱や大関など強い関取と当たるのでしっかりとそこを乗り切ってほしいと思います。

サウサンプトンの吉田麻也、クラブの年間アワードで会長賞に輝く!

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、クラブで年間を通して活躍した選手を表彰する年間アワードで会長賞を受賞したことのことです。

吉田はシーズン開幕時こそ控えに甘んじていましたが、冬のマーケットでCBのレギュラーであったポルトガル人DFジョゼ・フォンテがウェストハムへ移籍。
オランダ人DFのフィルジル・ファン・ダイクが負傷離脱したことがきっかけとなり、出場機会を増やした吉田は若手DFジャック・スティーブンスらと共に最終ラインを統率。
守備陣の中心を担うまでに成長したことや、プレミアリーグ第35節のハル・シティ戦ではサウサンプトン5シーズン目にして日本人選手初となるプレミアリーグ通算100試合出場を達成するなど、チームに大きく貢献したことから選出に至りました。

吉田自身もSNSを通じて喜びのコメントを綴っています。
一時期は、出場機会をなかなか得られずどうしてもつきまとう体格の差などで日本人のプレミア定着は難しいという声もたくさんありましたが、ひたむきに努力をした結果がこの評価に結びついたのだろうと思います。

過去にプレミア挑戦をした稲本や中田英寿、香川ですら達成できなかった記録を作ったのは素晴らしいの一言です。
負傷離脱しているファン・ダイクの復帰後もレギュラーとして活躍している姿を見たいです。