サウサンプトンの吉田麻也、クラブの年間アワードで会長賞に輝く!

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、クラブで年間を通して活躍した選手を表彰する年間アワードで会長賞を受賞したことのことです。

吉田はシーズン開幕時こそ控えに甘んじていましたが、冬のマーケットでCBのレギュラーであったポルトガル人DFジョゼ・フォンテがウェストハムへ移籍。
オランダ人DFのフィルジル・ファン・ダイクが負傷離脱したことがきっかけとなり、出場機会を増やした吉田は若手DFジャック・スティーブンスらと共に最終ラインを統率。
守備陣の中心を担うまでに成長したことや、プレミアリーグ第35節のハル・シティ戦ではサウサンプトン5シーズン目にして日本人選手初となるプレミアリーグ通算100試合出場を達成するなど、チームに大きく貢献したことから選出に至りました。

吉田自身もSNSを通じて喜びのコメントを綴っています。
一時期は、出場機会をなかなか得られずどうしてもつきまとう体格の差などで日本人のプレミア定着は難しいという声もたくさんありましたが、ひたむきに努力をした結果がこの評価に結びついたのだろうと思います。

過去にプレミア挑戦をした稲本や中田英寿、香川ですら達成できなかった記録を作ったのは素晴らしいの一言です。
負傷離脱しているファン・ダイクの復帰後もレギュラーとして活躍している姿を見たいです。