木村沙織選手の引退

女子バレーボールの木村沙織選手が引退しました。
木村沙織選手は、初めて全日本入りした高校生のころから見ていて、そのころから注目されていた選手です。
それからずっと日本の女子バレーボールをエースとして引っ張ってきました。

10年、もしくはそれ以上の年月を、です。
私は小学生のころバレーボール部に入っていたので、この種目については他の競技よりは知っています。
自分自身はレギュラーではなく、試合にでることはめったになかったので、木村沙織選手の立場を理解するにはほど遠いです。

とはいっても腰や膝への負担がかかる種目なのはわかります。
肩もです。
木村沙織選手も、体を痛めたこともあったと思います。
(あまりきちんと追ってなかったので、知らないことも多いです。すみません)

バレーボールはチームプレイなので、エースだけがよくてもいけないし、チームメイトとの連携がちゃんとしてないと戦えません。
そういうことで力を発揮できないときもあります。

チームの団結力を高めないといけないキャプテンに木村沙織選手がなったときには「あの子も大きくなった」と、親せきのおばちゃんのようなことをつぶやいてしまいました。
そしてその勤めをきちんとはたしました。

去年結婚して、今年引退です。
日本を引っ張るというプレッシャーから解放された、楽しい第2の人生を祈っています。