人間ドックを安い費用で検診

勤めている会社で35歳以上は人間ドックを受診可能ということで、初めて検診を受けました。
料金は会社持ちだったため、一部の負担の安い費用で検査できましたが、全額個人負担だと3万円以上かかると聞きました。

人間ドックの検査項目は、身体計測、視力、血圧、聴力、肺機能、脂質、肝機能、すい臓、糖質、腎臓、尿酸、炎症、便、心電図、胸部X線、胃カメラ、超音波による胆のう、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓、甲状腺、眼底、眼圧、子宮頸がん、マンモグラフィー、診察等の検査でした。

それまで受けていた一般検診では、何も引っかかる項目がなかったのですが、人間ドックを受けていくつかの異常が見つかりました。
それは、萎縮性胃炎と甲状腺の腫瘍です。

人間ドック費用は安いとは言えませんが、血液検査や健康診断では見つけることができない個所なので、受けてよかったと思っています。
困ったことは特にないですが、ノーブラで数時間過ごさないといけないので、会社の人と待合室で会ったりすると何だかソワソワしました。

あとは、胃カメラの前に安定剤を打ってもらうのですが、人によっては休んだ後(数十分睡眠時間をもらえます)も眠気やだるさがとれないことがあるようです。
注意点としては、やはり前日は飲酒を避け、食事時間も指示に従うということです。

私は一度血液検査の前々日にお酒と薬を一緒に服用してしまい、検査結果肝機能に異常が出たことがあります。
正確な結果を得るためにも、事前の体調は整えておくことが大事です。

参考:人間ドック 安い

人間ドックが安い費用で検診できるコース体験談

私が初めて検診に申し込んだのは、今から20年ほど前になります。
当時はバリバリのシステムエンジニアをフリーで行っていました。
稼ぎはへたなOLさんの5倍くらいかと思います。
その分、仕事は膨大で休みもあまりありませんでした。

フリーのエンジニアなので保険・税金関係など全て自己管理になります。
健康診断は居住地の役所でおこなっている健康診断を利用していました。

やはり検査項目も少なく多少不安はありました。
そこではじめて人間ドックの資料を病院で貰い、検討することになりました。

はじめに驚いたのは費用でした。
現在もそれほど違いは無いようですが、当時5万円くらい料金が掛かった記憶があります。

ただこの金額は、人間ドックでは一番安い最低の検査項目の費用でした。
オプションがあり頭のCTなどは別料金でした。

申し込みも終わり人間ドックの検査当日となりました。
朝一番で病院に行くと、立派な個室が用意されていて、そこで検査用の服に着替えました。
検査のたびにその部屋まで看護婦さんが迎えにきてくれて、まさにVIP待遇でした。

検査は身体測定にはじまり血液検査、胸の写真、眼底検査、尿検査そしてオプションでお願いした脳のCTでした。
全ての検査が終わるとお昼になっていました。

これで終了かと思ったら、ゴージャスな昼ごはんが用意されていました。
ただしゴージャスなお弁当です。

そしてしばらく待つとドクターからの説明がありました。
詳しい結果は後日郵送するとのことでした。
口頭での説明は現段階では非常に健康のようでした。
との温かい言葉をいただきました。

人間ドックが安い費用で検診できる会社補助

40歳から会社から費用の補助ももらえることから毎年、安い料金で人間ドックを受診してきています。
誕生日の前後にいくので一年間の区切りとしてとらえていて、その年の健康の成績表と思っています。

毎年の人間ドックで一番気にしているのは胃カメラの診察ですが、内視鏡を飲みこむのは先生の腕もありますがほとんど苦しくなくスムーズに終わるのでそこではありません。
撮影したあとに受ける胃の内部の画像をみながら先生が説明してくれるときです。

亡くなった父親は胃がんになったこともあるので、遺伝的にも心配しているので毎年気になっています。
何事もないことがわかるとはじめてほっとできます。

次に気にしているのは腎臓にある結石です。
毎年少しずつ大きくなってきていて約8mmぐらいまで成長しています。
超音波診断でサイズを計測するので毎回眺めていますが、同じ位置に固定しているのでひとまず安心していますが、石が落ちるときは激痛が走るといわれているのでいつもひやひやしています。

人間ドックを受診してから血圧とコレステロールの数値が引っかかり、近くの内科で薬を処方してもらうきっかけになりました。
そのため今は薬で低く数値が抑えられていますが、なにも処置していないと病気を誘発していたかもしれないので毎年受診することは大事であると考えています。

安い人間ドック費用の料金相場は?

私は毎年、人間ドックを受診しています。
自分の受診したい日にちを2ヶ月前に受診する医療機関に申し込んで予約を取ります。

その後、人間ドックの2週間位前に問診票と検便容器(大腸がん検査用)が送られてきます。
受診前までには準備しておかなければなりません。

受診の前の日の午後8時までには夕食をすませる事と、受診当日の朝は食事が摂れませんし、水の1滴も飲めませんので、注意しなければなりません。

人間ドックの内容は身長、体重、血圧測定、血液検査、尿検査、視力検査、聴力検査、肺機能検査、眼底眼圧測定、内臓の超音波検査、胃のレントゲン検査か胃の内視鏡検査、肺のレントゲン検査が主なもので、希望すれば他の検査もしてくれます。

なおレントゲン検査の際には身体に金属製の装身具や、金属製のホックのあるものは、はずしてくださいと呼びかけているので、注意しましょう。

水や湯茶は胃の検査が終わるまで飲めませんが、胃の検査が終わってからだと水を飲むことができますので、胃のレントゲン検査をした人は検査後すぐ水分を多く摂って胃腸に残っているバリュウムを早く出すことです。
いつまでも腸内に残っていると後で出すのが大変になってきます。

私は毎年1日ドックを受診していますが、1日といっても半日で終わってしまいます。
準備としても前日と当日の朝食に気を付ける程度です。

費用は約5~6万円位ですが、基本検査以外を希望すれば、余分に費用かかります。
高いもので2,3万円かかるようです。
ガンは早期発見すれば治ると言われていますので、毎年受けるべきだと思っています。

日帰り人間ドックは安い料金相場

人間ドックを受けたことがありますか。
仕事をしている人で、40歳を過ぎている人は一度は受けたことがあるのではない
でしょうか。
私は初めて人間ドックを受けることになりました。
その理由は結婚をし戸建て住宅を購入して、健康な体で仕事をし続けてローンを支払っていかなければならないと言う義務を感じたからです。

初めて人間ドックを受診する上で一番気になったことがやはり費用・料金です。
私が受診した日帰りの全身ドックは、5万円かかりました。

基本検査から血液検査、そして腹部超音波から一番受けたかった胃カメラも含めて5万円の費用でしっかり受診することができますのでとても安心できました。

また、この5万円の料金コースで脳ドックも受診することができましたので、受診をした後は思い切って人間ドックを受診して良かったという気持ちにさせてくれました。
注意点としては胃カメラの受診があることから前日の食事方法などには注意が必要です。

そして、一番行っておくべきことは体に不安を感じていることはこの機会に医師にしっかり相談をすることです。
なかなかゆっくりと疑問や相談などを医師とする機会がないはずなので、気になることは全て聞いてみるというスタンスで臨むことをお勧めします。

人間ドックの安い高いはコースで決まる

健康診断でメタボで引っかかってから、一度自分の体を精査してもらおうと考えて、人間ドックを申込む事にしました。
健康診断と違ってより検査が細かくなり、料金も時間もかかりますが、面倒ではありましたが、将来の自分への投資と捉えれば安いと言えます。

2~30代の頃は多少無茶をした所で病気になるリスクは少ないですし、若干調子が悪くても勢いで仕事をこなしたりしますが、段々と体力も落ちて回復も遅くなってきましたから、家族の心配もあり病気リスクがどこにあるのか、また現状病気の芽があるか知る上でも有効です。

最近の人間ドックでは、安い費用ではありませんが、ホテルに宿泊してリラックスしながら受ける事も出来ます。
嫌々受けるのも勿体ないですから楽しもうと考えて、1泊2日で9万円程の料金がかかりましたが、良い環境で受診しました。

人間ドックでは、身体測定や血圧検査に血液検査、レントゲン、心電図、様々な機械等を使ってくまなく調べていく感じですね。
調べ終わった後に、医師が結果を見ながら現状認識と今後のアドバイスについてカウンセリングを行うという形でした。

現状は問題無く、若干脂肪肝が進んでいる事の指摘を受けて、食事改善や運動のアドバイス等を受けて具体的に体の状態を知る事で安心して過ごせるようになりました。

気を付ける部分は改善するように生活の中で食事改善したり運動習慣をつける良いきっかけにも繋がりました。

人間ドックと一言で言っても設備環境や料金、サービスは病院によって違いますから、複数クリニックの情報収集してから比較しながら選択すると良いでしょう。