柳田悠岐選手、異色の大砲

トリプルスリーを達成した柳田悠岐選手。
俊足強肩はもちろんのことですが、柳田悠岐選手の魅力はなんといっても豪快な打撃にあるでしょう。

全球狙ってるかのようなフルスイング。
投手からしたら威圧感の塊だと思います。

ミスターホークスでおなじみの門田博光さんは以前こんなことを言っていました「ホームランは狙って打つもんや」と。
しかし、それに対し当時ホークスの監督だった野村克也さんは「ヒットの延長がホームランや」と語っています。

確かに、柳田悠岐選手を除く、歴代トリプルスリー達成者は、あまり狙ってホームランを打たない、山田選手や松井稼頭央選手、金本選手などヒットの延長上のようなホームランを打つ人が多いです。
おそらくですが、細身で足の速い選手は意識してホームランを打つのではなく、ミート打ちのおまけでスタンドの前列に叩き込むような理論を持っているのかと思います。

元巨人の堀内監督は「外野フライのような打球が前列に入るより、特大ホームランを打たれる方がダメージが大きいんですよ」と語っていました。
そう考えると、走れて守れる上に、バックスクリーンを破壊するほどの特大弾を放ち、その上アベレージまできっちり残す柳田悠岐選手はただものでないことが分かります。