長野久義選手の復活

6月4日のゲームで日本のプロ野球ジャイアンツが10連敗という状況に陥りました。
次のゲームに負ければ、球団のワースト記録に並びます。
このようなチーム状況において、復活が期待されるのは、長野久義選手です。

開幕から打率が低迷していますが、5月からは打撃も戻り始めてはいます。
ただ要所のところで、バント空振り、失敗などミスが目立つシーンが多くなっています。

昨年も打撃不振で打率が2割前半と低迷しました。
かつて2011年には首位打者をマークするなど、打撃の長野久義選手という活躍をしていましたが、今の打撃状態はかつての勢いを感じないことがあります。

もしかすると、目を細めたりする仕草が最近目立つため、視力が落ちている可能性があるかもしれません。
ただ、この長野久義選手が活躍しなければ、ジャイアンの順位浮動には繋がりません。

守備ではいいものを持っています。
長野久義選手は足も速いので、塁に出たあとには引っ掻きまわすこともできます。
本来であれば1番か、クリンナップを打つ打順で、持ち前の打撃センスを発揮してもらいたいところではあります。

しかし現状は6番か7番で打撃不振からの開眼を目指して欲しいですが、酷いようならば2軍で再調整する選択肢もありではないかと思います。
いずれにせよ、長野久義選手が活躍しない限り、ジャイアンツはこのまま低迷し続けると思います。
頑張って欲しいものです。