三島康平、空を制する男の魅力

皆さんこんにちは。水戸サポーターです。
前回迄は、現在水戸に所属している選手を取り上げてきましたが、今回は水戸OBの三島康平選手を取り上げていきたいと思います。

水戸サポーターの私にとって三島康平選手は、絶対に忘れる事ができない選手です。
おそらく多くの水戸サポーターも、私と同じ気持ちではないでしょうか?それぐらい、水戸サポーターにとって三島康平選手は大切な存在でした。

三島康平選手は埼玉県出身の29歳 駒沢大学からヴィッセル神戸に入団しました。
浦和東高校時代は、全国的には無名選手でしたが、駒沢大学時代に、大学の先輩でもある、巻誠一郎選手(現ロアッソ熊本)を彷彿とさせる前線からの激しいプレッシングと、無類の空中戦の強さで注目を集めました。

しかし、期待されて入団した神戸では、怪我もあり在籍2年で4試合出場 無得点と不本意な成績で、僅か2年で神戸を退団して、2012年水戸に拾われる形で入団しました。
水戸でも怪我に泣き、中々満足なプレーは出来ませんでしたが、柱谷監督の辛抱強い指導もあり、翌13年シーズンは試合出場も増え32試合4得点を記録し、以降、レギュラーに定着しました。

翌14年シーズンは、35試合出場5得点、15年シーズンは怪我に苦しむも33試合出場7得点と、自己ベストの成績を残し、水戸のエースとなりました。
サポーターにも、丁寧なファンサービスと天然なキャラクターで1番の人気者になりました。

翌16年シーズン、水戸サポーターに激震が走りました。
低迷に苦しんだ15年シーズンを、支えた主力選手達が次々とチームを去り、「三島も水戸から居なくなるんじゃ…」と不安にかられました(ホントに心配しました)

しかし、三島康平選手は西ヶ谷監督やチームメイドの説得もあり無事残留し、オフの鬱憤を晴らすが如く、ゴールを量産しました。
三島康平選手は、シーズン中の7月に松本山雅に移籍する事になりましたが、サポーターはショックを受けましたが、晴れやかに三島康平選手を送り出す事になりました。

お別れ試合の町田ゼルビア戦は、後半20分まで、0-3と大苦戦しましたが、選手達も水戸サポーターも「勝って三島を送り出すんだ!!」と気合い十分で、残りの25分で3点を取り返し、引き分けに持ち込みました。
試合後、サポーターへ向けたお別れの挨拶は、三島康平選手も水戸サポーターも涙が止まらないセレモニーになりました。

松本山雅では、絶対的エースの高崎選手が居る影響でベンチスタートも多く、本人的には不本意でしょうが、松本山雅サポーターからは三島康平選手の信頼が厚いと聞きます。
水戸から松本山雅に移籍した理由は「もう一度J1でプレーしたい」との事でした。

松本山雅は強豪チームなので、三島康平選手の目標であるJ1でのプレーも叶うと思います。
今から、今シーズンの水戸対松本山雅で、ケーズデンキスタジアムに凱旋する三島康平選手を見る事が、私は楽しみでなりません。