筒香嘉智選手は日本の4番

プロ野球は、今年セパ両リーグ盛り上がった感じがあり、面白い試合も多くありました。
シーズン終了後には、野球の世界大会WBCが開催されて日本は、惜しくもベスト4で終了したものです。

しかし、日本代表チームは、前評判より強くよく打った印象が残ります。
中でも日本の4番、筒香嘉智選手は、ホームランを数本打ちチームを牽引した選手です。
筒香嘉智選手は、今年チームで44本のホームランを打ち打点は、110の素晴らしい成績を残します。

2冠王のタイトルを獲得し、日本を代表するバッターに成長した一人です。
そんな筒香嘉智選手は、名門の横浜高校出身であり当時の監督いわく、打球の飛距離は歴代でも1、2位と語っています。

185センチ97キロの体は、プロの選手として恵まれており今後の期待もかかります。
しかし、筒香嘉智選手は、出身が和歌山県という関西人であり中学時代は、大阪のチームで活躍をしています。
高校を関西の強豪校へ進学する事を考えますが、横浜高校でプレーしたい気持ちが強く選ぶようです。

プロ入り後、野球に没頭するため野球の本、野球道具だけを寮に持ち込みます。
ジャイアンツの松井秀喜さんに憧れ、バッターとして追い越す勢いを感じるバッターです。

筒香嘉智選手は、現在25歳でありながら年棒は、3億円という高給取りになります。
横浜DeNAという地味なチームながら、ホームランを期待できる少ないバッターです。