本間幸司選手、穏やかで飾らない性格

微笑みの守護神 本間幸司!
こんばんは水戸サポーターです。

前回は、水戸ホーリーホック 湯澤洋介選手の魅力をお伝えしましたが、今回は、本間幸司選手をご紹介致します。
本間幸司選手は、茨城県日立市出身 水戸短大付属高校(現 水戸啓明)から浦和レッズに入団 3年間、浦和でプレーしました。

そして、1999年当時JFLの水戸ホーリーホックに入団以来、今シーズンで18年水戸の顔としてプレーしています。
熱心なファンサービスと、穏やかで飾らない性格もあって、本間幸司選手は老若男女(特に子供の人気が高い!)問わず、水戸サポに親しまれています。

冒頭の微笑みの守護神の意味ですが、私が独断で名付けました(笑)
ここ数年、試合中よく見る光景ですが、ミスをしたDFに対して怒る訳でもなく「大丈夫!大丈夫!」と笑顔で声を掛ける場面が増えました。

この事に関して、本間幸司選手は「自分の様なベテランが怒ってしまうと、若い選手は萎縮してしまう。若い頃は出来なかったけど」と述べている通り、以前は、結構激しく怒鳴る事もあったと、1人の水戸サポとして覚えてます(観客席まで聞こえてた)。

さて、そんな本間幸司選手も今シーズンで、在籍19年目。
身体の衰えも見てる限り、全く感じられず元気に練習に明け暮れています。

我々、水戸サポは「幸司と共にJ1へ!!」が共通の悲願です。私も、1試合でもいいから、本間幸司選手が水戸のユニフォームでJ1のピッチに立っている姿を早く見てみたいです。
今回も最後まで、筆者の拙い記事にお付き合いして頂きありがとうございました。