三原舞衣選手のシンデレラストーリー

三原舞依選手は今シーズンからシニアへ参戦、スケートアメリカで3位の表彰台に上ると、中国大会で4位と好成績を収めました。
さらに全日本では3位となって、シーズン後半の国際大会の出場権をゲットしました。

三原舞依選手は、2月16日から平昌五輪と同じ会場で行われている四大陸選手権ではSP4位から逆転して優勝しました。
まさにシンデレラストーリーで、女王まで駆け上がりました。

そんな、三原舞依選手ですが、昨年、難病(若年性リウマチ)のため、長期間競技から離れなければならなくなりました。
今回は苦労を超えての復活、そして国際大会での初優勝は素晴らしいの一言です。
まだ、17歳ですから、怖いもの知らずということもあるとは思います。

思えば、浅田真央選手もシニア1年目はGPファイナル優勝、全日本優勝など素晴らしい活躍を見せました。
これから、三原舞依選手がいろいろなものを背負って、競技に集中できるのか、難病とうまく付き合って競技を続けられるのかが問題になってきます。

まずは、3月に行われる世界選手権です。
この大会はただの世界選手権ではないのです。
オリンピックの枠を取るためるの戦いなのです。
3人のうち上位2名の順位の合計が13位以内であれば、3人オリンピックへ出場できます。

エース宮原選手が疲労骨折で休養中、仮に世界選手権へ出場することができても万全の演技が出来る可能性は低いです。
ジュニアの女子は世界トップクラスの選手がたくさんいるのですが、シニアは手薄状態のため、三原舞依選手の成績に期待するしかなくなります。

そんなプレッシャーを受けた時に、今までどおりの演技ができるのか、病気を乗り越えた精神力の持ち主の三原舞依選手であれば、期待に応えてくれると信じたいです。
自分の演技をすれば、自ずと結果はついてきます。
三原舞依選手には、平常心でベストを尽くして欲しいと思っています。