柿谷曜一朗、元日本代表サッカー選手

柿谷曜一朗選手との出会いは、2009年最下位に低迷していたサッカーJ2徳島ヴォルティスへ彼が移籍してからです。
彼は、J1サッカーの人気チームであるセレッソ大阪の生え抜きの選手で、16歳でプロ契約をしています。
同期入団に香川真司選手がいます。
香川選手の台頭で思うような結果を出せなかった柿谷曜一朗選手は、遅刻癖などの怠慢から移籍を余儀なくされました。

彼の徳島でのデビュー戦は、横浜FC戦で、スタメンに抜擢され見事に期待に応え先制ゴールを決め、2-0の勝利に貢献しました。
徳島在籍中の柿谷曜一朗選手は、多くの徳島ヴォルティスサポータを魅了してくれました。

柿谷曜一朗選手のボールさばきの華麗さスピード感どれをとっても何かやっれくれるのではないかとワクワクさせてくれました。
彼の在籍中にJ1昇格の夢はかないませんでしたが、その後、徳島ヴォルティスがJ1昇格につながる道筋を作ってくれた気がします。

セレッソ大阪に復帰してからの柿谷曜一朗選手の活躍は目を見張るものがありました。
セレッソの中心選手となった彼は、ついに日本代表まで駆け上がり、2013年の東アジア大会では得点王となり、見事初優勝に貢献しました。
翌2014年にはワールドカップ日本代表として出場しています。

ワールドカップ終了後、彼はスイスリーグ”バーゼル”へ移籍し多くのファンの応援を受けましたが、ここでは思う結果が出せず再びJ2に降格したセレッソに復帰しています。
復帰後の数試合は、柿谷曜一朗選手のゴールで湧きましたが残念なことにケガによってリーグ戦終了間際まで、欠場していました。
結果的にはリーグ4位からプレイオフでJ1昇格を果たしています。

そして2017年、柿谷曜一朗選手の真価が試されるシーズンが始まりました。
まだケガの影響で本来の彼らしいプレーからは、ほど遠い気がしますが気温の上昇と共に活躍してくれることを期待しています。
柿谷曜一朗選手のファンタスティックなプレーで、われわれファンを魅了してほしいです。
そして、日本代表を再び手に入れてほしいと願っています。