錦織圭選手、頂点は遠い

現在世界ランキング7位の錦織圭選手(27)は、日本テニス界を今最も盛り上げている選手である。
グランドスラムである全米オープンでは2014年に準優勝を果たすなど、日本テニス界を変えた人間である。

島根県松江市に生まれた錦織圭選手は幼い頃にテニスを始め、全国小学生テニス選手権では最年少優勝など当時から才能を大いに発揮した。
そんな彼も27歳となりグランドスラムの優勝を期待されている選手となった。

しかし、頂点は近そうで遠いものであるようだ。
マレーやジョコビッチ、復活したフェデラーやナダル、それに加えキリオスやズベレフなどの活躍が目立つようになり錦織圭選手は苦戦を強いられているようだ。

錦織圭選手も3年後には30代となり、ますます若手の勢いに拍車がかかる年齢になってからではグランドスラムを取るのは厳しいだろうと自身もファンも認識している。
そのためできるだけ早くグランドスラムを取って欲しいというのが我々ファンの望みだろう。

そんな中今月開催されるグランドスラムの1つ、全仏オープンでは錦織圭選手の活躍に期待がかかる。
現在痛めている膝の調子はどうなのか?フィジカル面での心配があるが、それでも最大限のパフォーマンスを発揮して欲しいものである。

クレー王者のナダルが好調であるが、復活の一歩として錦織圭選手にも頑張って欲しいものである。