トニー・バーネット投手、元ヤクルトスワローズ

ヤクルトからポスティング・システムを使ってメジャーへの移籍を目指しているバーネット投手に、8球団が譲渡金50万ドルに応じる姿勢を見せているそうだ。

バーネット投手の好意としか言えないこのシステムを使っての移籍なのでぜひとも成功してほしいと思っていましたが、8球団もの球団が話に乗りそうだとのことで嬉しく思っています。

球団としても戦力ダウンには違いないですが、お金を置いていってくれるというのですから、ありがたいに違いありません。

打者とは違い投手なら日本での成績は信用の置けるものだと思っていますので、メジャーへ行っても活躍してくれると確信しています。

性格上切れてしまう面があるところは心配ですが、言葉の壁が無い分そういうところが解消されればいいのですけどね。

たまに日本に後ろ足で砂をかけていく酷い外国人もいますが、バーネット投手のような選手はそれ以上にいないと言えるでしょう。

そういった選手はやはり応援していきたいですし活躍を願いたいですね。

バーネット投手は年齢面でもそこまで長い野球人生は残っていないと思いますが、なるべく長めにメジャーでがんばってきてほしいものです。

その上で最後はまた戻ってきてくれれば最高でしょうが、さすがにそこまでは望めませんかね。