白崎浩之選手、横浜DeNAベイスターズレギュラー獲り!

昨年、球団創設以来はじめてクライマックスシリーズに進出した横浜DeNAベイスターズの弱点の一つにサードのレギュラーが不在、という点が挙げられていました。
その弱点を補うべく、BCリーグの石川ミリオンスターズからシリアコ選手を獲得しました。
シリアコ選手は3/23現在、打率.340、5打点と活躍しています。

しかし、その一方、スローイングがバラついているなど守備はちょっと苦手そうです。
また、自慢の長打力も本塁打0とまだ結果が出ていない状況です。
また、ラミレス監督は、外国人枠についてロペス選手の他、ウィーランド、クライン、パットン投手の起用を言及しています。

そこで注目されるのが、白崎浩之選手です。
白崎浩之選手は、2012年ドラフト1位で駒沢大学から入団しました。
その当時の中畑監督は「時間はかかるかもしれないが、将来、チームの中心になる選手」と高く評価していました。

白崎浩之選手は、固い守備に、長打力が光りますが、入団後はなかなか成績が出ていません。
特にメンタルの弱さが指摘されています。

しかし、ここまでオープン戦では、打率.351、本塁打3本、そしてずっと心配されている得点圏打率も.300と健闘しています。

白崎浩之選手の守備は相変わらず安定しています。
この調子で、今年こそ、レギュラーを獲って欲しいものです。