阿部慎之助選手のホームランへのこだわり!

言わずと知れた巨人の阿部慎之助選手ですが、2017年現在の現役選手の中で最多のホームラン数を誇っていることは意外と知られていません。

サヨナラ男とまで言われた、ひと昔前のような派手な活躍は最近では影をひそめています。
しかし今シーズンは並々ならぬ決意で臨んでいるようです。

昨年のシーズン終了後から、阿部慎之助選手は打撃フォーム改造に踏み切りました。
そのきっかけとなったのは、クラマックスシリーズの最終打席でした。

一発でれば逆転サヨナラの場面で回ってきた打席で、高々と打ち上げた打球はフェンス手前で失速してしまいゲームセット。
巨人は優勝を逃してしまいました。

「ホームランだと思った打球が失速したのを感じてしまった」と阿部慎之助選手はのちに語りました。
それから若い頃のようにホームランにこだわりを持つようになったということです。
阿部慎之助選手の38歳になっても新たなことに挑戦する姿勢は尊敬に値します。

しかし実際には打撃フォーム改造がしっくり来ないまま開幕を迎えてしまったそうです。
ところが結果として、開幕戦の1打席目でなんとホームラン。
次の日も逆転サヨナラ3ランとホームランを連発しました。

野球の神様が、一生懸命な姿を見てくれていたかのような活躍でした。
「毎年何かしら新しい発見はある。」
まだまだ成長していく阿部慎之助選手から目が離せません。