東京読売ジャイアンツ吉川大機選手、戦力外通告からの再起

今回、紹介させて頂くスポーツ選手はプロ野球選手、東京読売ジャイアンツの吉川大機選手です。

東京読売ジャイアンツの吉川大機選手は大阪の名門PL学園出身で名古屋の中日ドラゴンズからドラフト2位で指名され、背番号はミスタードラゴンズの背番号と言われていた3番でした。

背番号3番は以前は立浪和義選手がつけていたこともあり期待される選手がつける背番号になっていましたが、吉川大機選手は中日ドラゴンズを4年で戦力外通告を受けることになりました。

戦力外通告を受けた選手はそのままプロ野球選手を諦めるかトライアウトを受験し他球団にスカウトされる道がありますが、吉川大機選手を欲しいと東京読売ジャイアンツが吉川大機選手を獲得しました。

東京読売ジャイアンツの一員となった吉川大機選手ですがジャイアンツはスター選手が集まっている球団でありその中で生き残るのは非常に困難な道のりのはずでした。

しかし吉川大機選手は数少ないチャンスをモノにすると、バッティングや守備、代走などのありとあらゆる場面で活躍し存在感を示しました。

今となっては吉川大機選手はジャイアンツにとってなくてはならない存在になっていると感じました。

吉川大機選手は高校生の時にはバッティングに魅力を感じたのでプロの世界でも綺麗な放物線を描くホームランを是非見せていただきたいです。