イタリアの名門インテルで這い上がってきた男、長友佑都選手

長友佑都選手はインテルで年長者である。
長友佑都選手がインテルに入団してから長い年月が経つが、今なおインテルで更なる高みを目指して日々奮闘している。

では、長友佑都選手にとって一番充実していたシーズンはいつなのか。
一番結果がでた2013/2014年シーズンか。
答えはノーだ。
むしろ前半戦で戦力外扱いをされていた2015/2016シーズンだという。

それではなぜか。
その年のシーズン初めの方、ジュニアユースの選手と練習していたのだという。
そのとき長友佑都選手は走りながら涙が出ていたのだそうだ。
よほど悔しかったに違いない。
移籍の話も取り正された。

だが、長友佑都選手は残留というより厳しい道を選んだ。
そこで長友佑都選手がこの状況をこのように打開しようと考えたのだという。
「練習を120%でやること」
練習で誰よりも声を出し、誰よりも追い込む。
インテルでレギュラーになれる保証はない。

だが、長友佑都選手はあきらめなかった。
その結果、後半戦から出場機会が増え、最終的にライバルからポジションを奪い取った。
人間生きていく中で安定であればそれでいいのかもしれない。

だが、リスクを冒してより厳しい道を選び、その中でもがいた方がはるかにいろんなことが学べるし、人間追い込まれると大きく飛躍する。
その事実だけは日本人に伝えておこう。
これからもがんばれ長友佑都選手!