目指せ開幕ローテーション!横浜DeNA、平良拳太郎投手

巨人にFA移籍した山口俊投手の人的補償で、横浜DeNAに移籍した平良拳太郎投手が、19日のヤクルトとの練習試合で4回3安打1失点と好投したとのニュースがありました。
巨人在籍中、平良拳太郎投手の1軍実績は1試合だけだったのですが、移籍当初から高田GMが高く評価していました。
その後、1軍キャンプメンバーに選ばれ、練習試合登板のチャンスを得ました。

横浜DeNAは右腕投手が手薄の状況にありますが、横手投げは、平良拳太郎投手の他、三上、加賀の両投手、昨年シーズン途中に移籍してきた藤岡投手、ドラフト2位の水野投手、8位の進藤投手と豊富に在籍しています。
若手では、進藤投手も評価を上げており、なかなか厳しい競争となっていますが、この中で今のところ先発候補に挙がっているのは平良拳太郎投手だけのようです。

ラミレス監督は練習試合終了後、「もう一度先発のチャンスを与える」とコメントしていました。
巨人からの移籍で掴んだチャンスなのでこの調子で、平良拳太郎投手には開幕ローテーションをつかみ取って欲しいです。

ちなみに山口投手はインフルエンザにもかかり、漸くブルペンでの投球を再開したようです。
横浜での初戦、なんとか間に合って平良拳太郎投手との投げ合いを演じてくれるようなことがあれば、きっと盛り上がるでしょうね。
是非、実現して欲しいです。