福岡ソフトバンクホークス、上林誠知選手の覚醒!

今シーズン、ホークスファンにとって嬉しい誤算が起きた。
それは上林誠知選手の台頭だ。

上林誠知選手は、今年が高卒4年目。
もともと、甲子園でも活躍した選手であり、多くの期待をかけられてホークスに入団してきた。

ホークスは12球団でも層が厚いチームであり若手の台頭はなかなか起きないが、今年は上林誠知選手が台頭してきた。
2年目だった、一昨年上林誠知選手は鮮烈なデビューを飾った。

プロ初ホームランが満塁ホームランというド派手なものだった。
活躍が期待された、昨年は上林誠知選手にとって悔しいシーズンだったに違いない。

開幕一軍で迎えたものの怪我や不調に泣かされほとんど活躍できなかった。
今年はそう行った意味でも勝負の年だったに違いない。
そんな今シーズンは、ここまでほとんどの試合をスタメンで出場している。

また、打率も3割弱、ホームランもたくさん打ち大活躍している。
特に印象的だったのは、ゴールデンウィークのライオンズ戦である。
2試合で3本塁打10打点の大暴れ。当時不調であったチームの起爆剤として大きな役割を果たした。

ホークスは優勝を至上命令とされているチームである。
そんなホークスでレギュラーを張ることは上林誠知選手にとっても自信になるだろう。
今後の活躍を期待せざるおえない。