新井貴浩選手の力の源泉

2015年に黒田投手とともにカープに戻ってきた新井貴浩選手。
2016年には100打点を超えるなど大活躍し、チームの25年ぶりの優勝に貢献、さらにMVPにも選ばれました。

新井貴浩選手は「阪神から広島に戻ってきてから最初の打席で、ものすごい声援をくれた」ファンへの感謝の思いが、高いモチベーションを生んでいるといいます。
2000本安打も達成し、レジェンドと呼んでもよいほどの成績を残していますが、もともとドラフトには引っかからないと思われていました。

新井貴浩選手は、事前に大学の先輩である野村謙二郎選手の自宅でスイングをアピールしたことが功を奏して、ドラフト6位で指名されました。
人一倍の努力と持ち前のパワーで早くから頭角を現し、カープの次期4番として期待されていました。

しかし、FA権を取得した年に、阪神タイガースへと移籍してしまいます。
このときの発言がファンの怒りを買ってしまい、阪神時代の新井貴浩選手の打席ではブーイングも受けました。
カープに戻ってくることが明らかになった当初も、「よく戻ってこられるな」という意見も多くありました。

ただ、キャンプで若手を明るく引っ張る姿、そして誰よりも努力をしている新井貴浩選手の姿に、次第に反発するファンは減っていきました。

それがカープ復帰後初打席での声援につながったのではないでしょうか。
大ベテランながらひたむきに努力を続ける新井貴浩選手は、まだまだ新しい記録をうちたててくれることでしょう。