荒木雅博選手を観に中日の球場へ行こう!

中日ドラゴンズの荒木雅博選手について書こうと思います。
荒木雅博選手といえば、俊足を活かした走塁、シュアなバッティング、そして華麗な守備が持ち味の選手です。
井端選手とともに二遊間を形成して、アライバコンビなどと呼ばれていた時代もありました。

そうです、2000年代の落合政権の下、中日ドラゴンズの黄金期を支えた中心選手の一人です。
なぜ、いま荒木雅博選手について語るのか。
それは、2000本安打が間近に迫っているからです。

荒木雅博選手は、高校生でドラフト1位に指名されて入団したものの、当初はなかなか芽が出ませんでした。
バッティングはややひ弱な印象で、スイッチヒッターに挑戦したこともありましたし、守備(当初はショート)も不安定であったため、一時期は外野にコンバートされたりもしました。

しかし、努力を重ねようやく内野手としてレギュラーに定着してからの活躍はご存知の方も多いのではないでしょうか。

正直、荒木雅博選手がここまで活躍するとは思っていませんでした。
努力を重ねれば報われることを証明してくれる貴重な選手の一人だと思います。

野球選手としてはもちろん、人間として尊敬できる選手です。
そんな彼だからこそ2000安打は必ず達成してほしいですし、まだまだ活躍してほしく思っています。

近年レギュラーに定着できずにいますが、あの華麗な守備はまだまだ健在、守備で魅せられる数少ない選手の一人です。
みんなで荒木雅博選手を応援しましょう。