筒香嘉智、孤高のスラッガーDeNAベイスターズの4番

バッターにはいろいろなタイプがいますが、天才と呼ばれる打者はその人独特のバッティング理論が確立していると思います。
王貞治、前田智徳、落合博満、イチローなどそれぞれ独自の理論を持っています。

現在のNPBの中で唯一あてはまるのが、DeNAベイスターズの4番である筒香嘉智選手ではないでしょうか。
もはやベイスターズの4番というよりは日本の4番という方がしっくりくるかもしれません。

今年のWBCでは侍ジャパンでこれまで4番を打つことが多かった日本ハムの中田選手を抑えて、4番に座り、見事に結果を残しました。
下馬評では侍ジャパンの打線はあまり期待されていなかったのですが、筒香嘉智選手のさすが4番という活躍でチームも波に乗って行きました。

以前筒香嘉智選手がバットの製作工場へ行きバットを選ぶ映像を見たことがありますが、ミリ単位の感触を職人に要求し、試打を重ねる姿に前述した天才打者たちと同じようなものを感じました。
その試打シーンもただ打っているという感じではなくしっかり吟味して打っているというのが伝わってきました。

今シーズンWBCの影響か、今一つ波に乗れない筒香嘉智選手ではありますが、侍ジャパンの4番を任され、結果を残してきた選手ですから、いずれきっちりとアジャストして打ちだすことでしょう。
それほど今の筒香嘉智選手はバッターとして確立していると思います。