ユリア・リプニツカヤ選手の今後と活躍。

2017年度シーズンの、グランプリシリーズのアサイン(出場選手の発表)が出ました。
大体の選手は2枠入っているのに対して、ユリア・リプニツカヤ選手の名前はどこにも有りませんでした。
前シーズン怪我の影響も有ってかかなり不調で心配はしていましたが、やはりロシアは層が厚いだけ有って一筋縄では行かなかったようです。

しかし、ユリア・リプニツカヤ選手にはまだ試合に出られるチャンスが残っていますし、ロステレコム杯のTBD枠も空いています。
そのTBD枠に入り、グランプリシリーズ出場を決められる事を願いますね。

ユリア・リプニツカヤ選手の怪我ですが、まず前シーズンのグランプリシリーズ「スケートアメリカ」を腰を痛めたという理由から危険しました。
しかし続く「ロステレコム杯」には出場し、SPでは3位に入る好成績を残します。

ですが、FSでは足に痛みが出てしまったようで、途中演技中断が危ぶまれる程の状態になり順位を大きく落としてしまいます。
そしてその後の大会には、ユリア・リプニツカヤ選手は出場しませんでした。
けれどコーチの話しでは怪我は良くなっているとの事なので、今後の動きには注目です。

そんなユリア・リプニツカヤ選手は、オリンピックで団体戦金メダルに導いた実力者です。
ジャンプのスキルだけでなく柔軟性を生かした滑らかなスケーティング等、引き込む要素を持っています。

数有るプログラムの中からオススメするのなら、まず2013-2014シーズンのFS「シンドラーのリスト」です。
このプログラムでは映画に出てくる少女の姿を、儚げに見事に現していたと思います。
次に2016-2017シーズンのロステレコム杯で披露したFS「キルビル」は、怪我で上手く滑れ無いながらも最後までカッコ良く滑りきる姿に感度出来るでしょう。