大相撲初場所、やっと大関稀勢の里が優勝を決めました!

やっと大関稀勢の里が優勝を決めました。
何度も何度も今場所こそはと、外野が口をそろえて言っていました。
NHKの相撲解説の北の富士も、早く日本人の横綱が出てほしいものだと言っていました。

その北の富士は病気のために今場所の解説はお休みされています。
稀勢の里は気が弱いのか、ついていないのか、ここぞという時に負けてしまっていました。
今場所もそのうちころっと負けちゃうんじゃないかな?

そうなったらいつものように続けて負けちゃうんじゃないのかなと、心配でしたがやっと優勝ですね。
今場所は日馬富士も角竜も途中休場になってしまって、どうなってるんだろうと思いましたが、白鵬だけは頑張って横綱の務めを果たしています。
白鵬はさすがだな~と思います。

稀勢の里が優勝を決めることになった白鵬の貴ノ岩との対戦は、いつもの白鵬だったらぎりぎりのところで相手を転がして勝っていたと思いますが、貴ノ岩に一気に押されてそのまま踏ん張り切れずに土俵の外に出てしまっていました。

最近の白鵬の相撲は時間をかけて、その間に相手の弱点を考えて勝つというパターンが増えていると思うので、貴ノ岩のように一気呵成にやってこられるとダメみたいです。
千秋楽の一番も稀勢の里が勝って優勝を飾ってほしいものです。