ユベントス所属フランス代表ブレーズ・マテュイディ選手。

今シーズンよりフランスのパリSGからイタリアセリエAのユベントスに移籍してきたマテュイディ選手は、中盤の守備的なポジションをメインとするMFです。
母国フランスのエリートアカデミーを卒業後、フランスリーグを経験し、王者パリSGでは常に優勝チームのメンバーとしてチームを支えてきました。
フランス代表にも常に招集されており、ユーロでも準優勝に貢献しています。

マテュイディ選手のプレーの特徴はそのスタミナにあり、相手を追い掛け回すプレースタイルから、蜂のようだと形容されます。
効き足は左足で、パスの精度も高く、守備だけでなく攻撃への貢献度も高い選手です。
マテュイディ選手の年齢は30歳で、キャリアの下り坂にあるとは言われていますが、まだまだ第一線で活躍できる選手ですし、ユベントスの力になることは間違いありません。

新シーズンでは主にケディラ選手やピアニッチ選手、マルキジオ選手らとポジションを争うことになりますが、リーグ以外でもチャンピオンズリーグやカップ戦など試合数が多いので、必ず出番は多くなります。
怪我に強いのもマテュイディ選手の特徴だと思います。
ユベントスは新シーズンは戦力がダウンしていると言われていますが、それを覆す活躍を期待しています。