債務整理の体験者です。はっきり言ってデメリットありますよ。

私は多重債務を抱えていました。その大半がギャンブル(スロット)によるものでした。
サラ金二社から計120万円以上も債務が残っていた記憶があります。
債務整理の無料法律相談に行ってみたのですが、クレジット・サラ金の債務相談会の会場は満員の盛況?! でした。

借金で困っている人は大勢いるようです。
それを最後にクレジット系をふくめた会社から借金はしていません。
否、借金はできなくなりました。
ブラックリストに載ったからでしょう。
債務整理のデメリットです。
「ご利用は計画的に」という各社のただし書きは、ご尤もです。
それがないと借金を返済できず、債務整理することになります。

なお、ギャンブルでこさえた〝借金〟は質が違います。
日常生活を支えるためのお金まで注ぎ込むほどの依存症であれば、「失ったお金を、またギャンブルをしてある程度は穴埋めできる」という甘い考えでいますから、重ねて投資していって、却って穴があいていくという悪循環に堕ちています。

私は会社のお金でスロットを回しに行ったこともあります。
知人から少額ですがお金を借り、やったこともあります。
それでも足りないから高利貸から資金を得ていた。
生命保険を解約してまで一度借金をチャラにしたのに、また借りに行って100万円の札束を目の前に置かれ、結局、借りてしまいました。

本当にバカでした。
金銭感覚の完全なるマヒです。
おかしいのは承知しています。
そこまでになっているのに、貸す方もどうかしているのかもしれません。

参考:債務整理デメリット

浅田真央のお父さんが、自分の稼ぎだけでは娘の練習代を工面できず、サラ金から1千万円以上も借金していたという実話があります。
これはむしろまともな、将来に向けた投資ですので建設的と言えるでしょう。
債務整理は半分破産したようなものです。
高額な家や車を購入しようとした際に、ローンが組めません。
大きなデメリットです。
普通に社会生活を送りたければ、建設的なことで最小限の借金を低金利で組むことをオススメします。