3度めの正直、悲願の五輪出場を目指す無良崇人選手。

ウインタースポーツにとってオリンピックシーズンが間もなく始まろうとしてます。
フィギュアスケートは10月からグランプリシリーズが始まり、12月の全日本選手権で日本代表選手が決定します。
男子は代表3枠を巡っての争いになります。

無良崇人選手はバンクーバーはけがで全日本選手権は10位、ソチは5位で日本代表の座を逃しています。
3度目の正直となる平昌五輪は無良選手にとって年齢的にも今回が最後の挑戦になりそうです。

今回のフリーには2014-2015年シーズンで使用した「オペラ座の怪人」。
スケートカナダでパーソナルベストを出して優勝したプログラムです。

無良選手のジャンプは豪快で見るものを圧倒しますが、安定感にかけるのが残念なところなんですよね。
アスリートとしては優しすぎることが、プレッシャーに弱いところにつながっているような気がします。
男子の代表2枠は何事もなければほぼ決まっているようなもの。最後の1枠を無良選手や田中刑事選手、村上大介選手らと争うことになります。

どの選手にもオリンピックに行って欲しいと思いますが、枠は3人だけ。
年齢的には無良選手に代表になってほしいと思うのがファンの心情というもの、最後のチャンスをつかんでほしいものです。