読売ジャイアンツ坂本勇人選手の凄さのポイント。

守備や打撃のセンスが、日増しに冴えていく読売巨人軍の坂本勇人選手ですが、今後の展開としてメジャーへの移籍はあるのか注目されています。
2016年に首位打者を獲得して、その勢いでメジャーへ移籍かと思われましたが、現状は特に動きがなく巨人で活躍しています。
坂本選手の凄さは、選球眼の良さで入団当初に比べ、年間四球の数が2倍以上になっていて、その分無駄な打席が減っている証拠です。

また、巨人の3番打者と言えば様々な成績が期待され、プレッシャーによる重圧が強いですが、坂本選手は精神力が強く得点圏打率は毎年3割を超えるというチャンス時の強さです。
周りが期待している時に、結果を出すのがミスタージャイアンツ長島茂雄さんでしたが、チャンスに結果を出す選手は人気が集まります。

その点、坂本選手もチャンスに結果を出すので、様々な年代の野球ファンから支持があり、女性ファンの割合も高い特徴があります。
3番打者でありながら、足も速く盗塁の実績を毎年残しているので、長打やレフト方向への技有りな打撃とプラスして、相手チームからすると脅威を感じる選手に成長しています。
坂本選手のショートでの守備は、範囲が広く球界でもトップクラスを誇り、これからの活躍も期待できる選手です。