大リーグマーリンズの外野手イチローは今季限りか?

大リーグのマーリンズに所属するイチロー選手は現在43歳、今年も外野手の控えとしてベンチスタートが多いようです。
例年ならば控えでも3割を超える打率を残していたが、今年のシーズン当初はなんと1割台でした。

古巣のマリナーズ戦では、球団側が配慮して3試合ともスタメンでしたが、その後は代打だけの起用が多くなり、代打の後は守備につくことも少なくなっています。
現在マーリンズの外野はライトがスタントン、センターがイエリッチ、レフトがオズーナと若い選手が多く、今年は怪我もなく順調に来ています。

イチローがスタメンで出る場合は連戦が続く場合の外野レギュラー陣の休養が目的でしたが、今のままの成績であればスタメンもなくなり、延長を見据えた場合の待機となるかもしれません。
イチロー選手はかねてより、50歳まで現役を続けたいと宣言しています。
ゆっくりと筋肉を動かすなどトレーニングも年齢に合わせたものを行い、試合前のトレーニングは2時間を超えるというすさまじいものです。

しかし今のままでは今季マーリンズからの放出がありそうです。
私が考えるにはサード、ファーストのコンバートも考えてトレーニングを行うのもひとつの手であると思っています。
現在のレギュラーのサードはプラド、ファーストはボーアですが、外野陣の故障を待つよりチャンスは増えると考えています。
あのイチローを慕って大リーグに入った川崎宗則選手はキャッチャーの練習まで行い、試合出場へのアピールを行いました。

イチロー選手には外野手としてのプライドがあると思いますが、50歳まで現役を続けようと思うならば新たな挑戦をしなければいけないのではないかと思っています。
イチローの大ファンである私にとっては、試合に出てこそのイチローだと思っています。
ぜひ試合に出続けていただきたいとの思いからの提案です。

『頑張れイッチロー!』