楽天イーグルスの茂木栄五郎選手に2年目のジンクスは無し!

楽天イーグルスの茂木栄五郎選手は、2015年のドラフト3位で入団した選手です。
一年目の2016年に、開幕戦スタメンデビューを果たしました。
ルーキーの野手が開幕スタメンを勝ち取ったのは、茂木選手が初めてのことでした。

大学時代は三塁手でしたが、ショートを任されることになりました。
そのため、茂木栄五郎選手のルーキーイヤーはエラーが目立つ結果となってしまいました。

打撃は、1球目からバットを積極的に振っていくタイプで、足も速く、1年目のシーズンでランニングホームランを2本記録しています。
一時期、負傷により戦列を離れましたが、間もなく復帰し、規定打席にも到達しています。
パ・リーグ18年ぶりの野手の新人賞獲得が期待されましたが、僅差で日本ハムの高梨に破れました。

2年目となる2017年のシーズンは、1番ショートでの起用が多く、積極的なバッティングは健在です。
よく2年目のジンクスと言われ、2年目は調子を落とす選手もいますが、茂木には関係ありませんでした。
5月中には、昨シーズンの自己のホームラン本数を抜いてしまいました。

楽天の生え抜きの日本人選手として、初めて本塁打10本を記録しました。
打率も3割を超え、好調です。
課題である守備も少しずつ上手くなっているようで、エラーの数がだいぶ減りました。

今シーズンも注目の選手です。