千葉ロッテマリーンズを引っ張るキャプテン。鈴木大地選手。

鈴木大地選手は、現在千葉ロッテマリーンズに所属しており、キャプテンとしてチームを引っ張っている選手です。
高校時代は神奈川県の強豪高校である桐蔭学園でプレーをし、卒業後はプロではなく大学へと進学をし、大学野球選手権大会の日本代表として選ばれるなど目覚ましい活躍をしました。
その後、ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズにドラフト3位で入団します。

高校や大学の時代に、ショートやサードといった様々な守備位置を守った経験があり、守備面では内野であるならば、キャッチャーを除きありとあらゆるポジションをそつなくこなす器用な選手の1人です。
打撃面では、一目見た感じだと細身で、ホームランバッターというイメージではなく、イチロー選手のような技ありヒットを打ったりと、パワーヒッターというよりかはアベレージヒッターといったイメージを持つ方が多いかと思います。

ですが、鈴木大地選手を見た目で判断してはいけません。
大学野球の日本代表の時は4番を任されたりと、パンチ力もあり、ここぞという大事な場面での勝負強さも持ち合わせています。
基本的にどの打順で出場しても、そつなくこなすことができる柔軟性が鈴木大地選手にはあります。

人柄も良く、チームメイトのヒットを自分のことに喜んだりと明るいキャラクターでチームを盛り上げてくれています。
内野であればどこでも守ることができ、打撃面でも、どの打順でも柔軟に対応し、チームを引っ張っている鈴木大地選手にこれからご注目下さい。