日本テニス界を救った錦織圭選手は第3テニスブームの火付け役!

今日本で錦織圭という名前を知らないという方はそうそういないと思います。
今までテニスにまったく興味がなかった方も錦織選手の活躍によりテニスというスポーツに興味をもったことでしょう。

『第一次テニスブーム』
さかのぼること25年前、日本は空前のテニスブームでした。
男子は松岡修成選手、女子は伊達公子選手が世界で輝かしい成績を収め、テレビ放送も今では考えられないほど放送をしていた時代があったのです。
しかし、両選手の引退により、少しずつテニスブームに陰りが出てきました。

『第二次テニスブーム』
それからはテニスブームからサッカーブームに切り替わった時代となります。
そんな流れを止めたのは漫画『テニスの王子様』でした。

日本各地にあるテニススクールのジュニアクラスはどこも満席状態になるほどのテニスブームでした。
ちょうどそのころジュニアで活躍していた世代が錦織選手ですね。

しかし、松岡選手、伊達選手に加え杉山愛選手などが引退をした後はなかなか世界で戦える日本人選手が現れなかったのです。
そのため、第二次テニスブームは3年ほどで衰退をみせます。

『第三次テニスブーム』
今から7年前、ある日本人選手がテニス大会でも2番目に大きい規模の大会で優勝を収めました。
当時、世界10位の選手を下しての優勝は世界中を驚かせることになりました。
その選手こそ錦織圭選手です。

しかし、テニスから離れてしまった当時の日本ではこのビッグニュースがなかなか浸透しませんでした。
しかし、その後も活躍を続ける錦織選手が世界ランク10位に入れるところまで成績を収めたあたりからまた、テニスブームが再来しました。

現在のテニススクールのジュニアクラスは第二次テニスブーム以上の盛り上がりを見せています。
こうしてみるとテニスブームの周期が約10年ごとにやってくることがわかります。

錦織圭選手の活躍により、たくさんのジュニアがテニスを始めるきっかけができ、才能あるジュニア選手もでています。
錦織選手に続く日本人選手が現れ、このテニスブームが永続的に続き、テニスが国民的スポーツになることを願いま
す。