シーホース三河所属、日本バスケット界を背負って立つ比江島慎選手。

2016年秋に開幕された日本のプロバスケットボールリーグ「Bリーグ」がこの前終了しました。
そのBリーグで優勝こそは逃しましたが、西地区でリーグ1位に輝いたチームがシーホース三河です。
そのシーホース三河の核であるのが比江島慎選手です。

兄の影響でバスケットを始め、中学時代から全国大会にエースとして出場し、高校・大学とかなりの好成績を残しています。
MVPも受賞し、シーホース三河に入団した1年目から大活躍で、比江島慎選手はルーキーオブザイヤーにも輝いています。
大学在学中に日本代表に選ばれ以降、中心選手として活躍しています。

そんな比江島選手のポジションはガードで、特徴は190cmの長身とは思えないほどのスピードは日本人離れしています。
1対1の強さがあり、相手を抜いてからのシュートまでいく技術は日本でもなかなかいない選手です。

他にも得点力がずば抜けています。
比江島慎選手は、中からも外からと決めることができるチームの点取り屋として、チームを勝利に導いています。
まさに日本のバスケット界を背負って立つ人物だと言えます。

Bリーグは今シーズンこそは終わりましたが、まだ始まったばかりで、これからバスケットは日本にも馴染みの出るスポーツです。
これからの比江島選手の活躍が見逃せません。