交流戦から巻き返しをはかる巨人の村田修一に大注目!

2017年シーズン、同じポジションの選手が加入しレギュラー争いに敗れてしまった巨人の村田修一選手ですが、交流戦の開始とともに、復活の狼煙を上げてくれました。
交流戦ではパ・リーグ主催試合の際は、指名打者制が使えるので、スタメンに一つ野手の枠が空きます。
連敗中の巨人は大きな改革をする必要がありましたが、高橋監督は実力のある村田修一選手を起用しました。

かつてホームラン王も獲得したことのある選手ですから、燃えない訳はありません。
早速期待に応えて、6月1日の楽天戦でホームランを放ち、続く2日のオリックス戦でもホームランを放ちました。
特にオリックス戦は東京ドームでの試合でしたから指名打者が使えませんでしたが、その中でも4番打者として出場していました。

結果的に巨人は敗れて連敗が続いていますが、村田選手が入ったことで、雰囲気がかわりました。
村田選手も、ホームランの際には、珍しく雄叫びをあげていました。

気持ちがものすごく入っていたのだと思います。
自分への悔しさ、チームの不甲斐なさなど様々な思いを乗せた一発でした。
この調子で行けば、村田修一選手は今後も起用されるはずですから、チームメイトを背中で引っ張っていくような活躍を期待したいです。