内村航平選手は勝ち続けたまま現役生活を終えるか?

NHK杯体操が行われ、28歳の内村航平選手がまたも個人総合の優勝連勝記録を伸ばしました。
全日本選手権は10連覇、NHK杯は9連覇を果たしました。
10月に行われる世界選手権にも内定し、個人総合の7連覇の大記録がかかっています。

全日本選手権では白井健三選手にわずか0.050点差、今回のNHK杯では0.350点と僅差で優勝しました。
20歳の白井健三選手は苦手種目をのあん馬、つり輪でミスを抑え、少しずつオールラウンダーに成長しました。
これほど内村選手を追い詰めた国内選手はいなかったように思います。

それほど急成長した白井選手に勢いがあったようには見えたのですが、やはり内村選手の演技の美しさやまとめ方が上手く、素人目でもはっとさせられる演技が多かったように思います。そして、最後は全日本選手権と同じように鉄棒種目で逆転劇を演じました。

どのような種目でもそれぞれに連覇を続ける選手はいます。
けれど、体操やフィギュアのように選手寿命が短い競技の中で10代後半から20代後半までトップを走り続け、しかも進化し続けている内村選手は本当に素晴らしいと思いました。

白井選手や若手の選手も伸び盛りですが、このまま内村選手が引退するまで勝つということはあるのかどうか。
勝ち続けたまま内村選手が引退するのかどうなるのでしょうか。