大相撲5月場所が始まります。稀勢の里の人気は増すばかりです!

大相撲5月場所が始まります。
久しぶりの日本人横綱の稀勢の里が誕生して、盛り上がっています。
更に先場所は肩と胸の怪我にも負けず優勝しました。

最後の、稀勢の里と照ノ富士との対決は本当に手に汗握るという言葉がぴったりでした。
たぶん、無理、照ノ富士が勝つと思った人がほとんどだったことでしょう。

しかし、稀勢の里は優勝決定戦まで持ち込み、それも制してしまったのですから、盛り上がっても仕方がないことです。
しかも19年ぶりの日本人横綱ですから、期待は大きいのでしょう。

稀勢の里は、今場所の出場も危ぶまれていたようですが、無事出場すると言うことで、ファンならずとも、またテレビにかじりつきそうです。
茨城県の盛り上がりもすごく、出身地の牛久市や龍ケ崎市以外でも、どこへ行っても稀勢の里の名前があふれています。
また、多くの出版物があり、本屋さんには平積みしてあります。

そんな稀勢の里の人気を反映して、前売りの入場券もあっという間に売り切れてしまったようです。
以前、若乃花と貴乃花の若貴時代よりも注目度が高いと言います。

更に、女性の相撲ファン(スー女と言うそうですが)も多いそうで、5月場所は華やかな雰囲気も味わえるかもしれません。
江戸時代は、女性は見ることのできなかった大相撲です。
良い時代になりました。

長年の相撲ファンとしては嬉しい極みです。